※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは、諸事情によりカット・修正されたシーンに触れています。
(トリミングによる欠落、セリフ修正のみのシーンについては省きます)

The Milky Waif(捨てネズミ、1946年5月18日)
ジェリーとニブルスが物置に隠れた際に、顔に靴墨を塗って黒人親子に化けるシーン
(DVD版)

A Mouse in the House(こわいお手伝いさん、1947年8月30日)
ジェリーを追い詰めたはずのレンジが爆発して、トムとブッチが真っ黒になるシーン
(DVD版)

The Truce Hurts(仲良し同盟、1948年7月17日)
三匹が横一列に並んで散歩中、車に泥をかけられ三匹とも顔が真っ黒になるシーン
(DVD版)

Mouse Cleaning(お掃除はこうするの、1948年12月11日)
石炭の山から出てきたトムが、黒人になりすましてお手伝いさんを騙すシーン
(DVD版)

The Little Orphan(台所戦争、1949年4月30日)
尻尾から真っ黒に焼ける→シャンパンロケットで食器棚まで一直線へ至る一連のシーン
(DVD、カートゥーン・ネットワーク版)
※旧地上波版においても、頭のインディアンの被り物が残るように修正されている。

Saturday Evening Puss(土曜の夜は、1950年1月14日)
全編が黒人のお手伝いさん(足だけおばさん)から、白人の女性に書き換えられた。

Life with Tom(トム氏の優雅な生活、1953年11月21日)
上記で触れている「台所戦争」のワンシーンでトムの肌が修正された。
(旧地上波版)
※DVD、カートゥーン・ネットワーク版はカットされている

Henpecked Hoboes(デカ吉チビ助のニワトリ狩り 1946年10月26日)
チビ助がダイナマイトの爆発で真っ黒になるシーン
(カートゥーン・ネットワーク版)

Lucky Ducky(ウルトラ子ガモ 1948年10月9日)
子ガモが倒木に逃げ込む→デカ吉・チビ助が真っ黒になるシーン
(旧地上波版)

Droopy's Good Deed(最優秀ボーイスカウト 1951年5月5日)
スパイクが老紳士からお礼を受け取るシーンの、爆発直後がカットされた。
(カートゥーン・ネットワーク版)

Car Of Tomorrow(ステキな自動車 1951年9月22日)
インディアン、中国人の登場するシーン
(海外のCN放送)


- - -