※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

組み込みソフト技術 ☆☆☆☆


資格対策のテキスト本。しかし、プロセス管理やワンリンクモジュールなどEXEの実行方法についての説明が役に立つ。
多くのゲーム開発では1プロセスしか扱わないが、この辺りはソフトエンジニアの基礎なので、知識を整理した方が良いと思います。


ゲームプログラミングのためのリアルタイム衝突判定 ☆☆☆☆


衝突判定を扱った本。


Developing And Debugging Cross-platform Shaders ☆☆☆☆


カメ本。OpenGLのExtentionの解説や、カメラ・モデル描画関連のサンプルコード、GLSLとRenderMonkeyの解説などの章があり、非常に良い本と思います。「More OpenGL~」と違って著者は一人なので、全体構成にまとまりがあります。


C++による簡単実習 3次元CG入門 ☆☆☆☆


3DAPI(OpenGL,DirectX)を使用せずに3Dをやってみよう!という本。
自分で座標変換パイプラインを作成すると3Dプログラミングの自信がつきます。地味ながら、かなりの良書と思います。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー