※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SWEET BILBERRY TEA



依頼者:CELANDINE BRANDYBUCK

「Amdirの具合が昨晩より変わっているの!」
「このままだと恐らく彼はダメになりそ」
「彼を見たら影が消えてしまいそうで・・恐ろしい」
「私は、馳夫(STRIDER)が彼の傷のためにkingsfoilの軟膏を作るのを見ました」
「しかし、若いBrandybuckが不快なかけらを手に入れるとき、私の祖母はいつも異なった療法を使用しました」
「甘いコケモモ紅茶!」
「コケモモの匂いはシーズンになるとここより東の水場に夜になると香ります」
「私はかわいそうなAmdirのために紅茶を作るのが心から好きです」



目的1

CELANDINEの薬湯のため、コケモモを摘んでくる
Celandineは昨晩アーチェトの東の水辺からコケモモの匂いを感じた
あなたはコケモモを摘んできて、甘いお茶で病気を寄せ付けないというホビットの知恵を教えてきた


目的2

CELANDINEにコケモモを届ける
CELANDINE BRANDYBUCKはアーチェト村で待っている
Amdirを元気づける甘い紅茶のために、CELANDINEに摘んできたコケモモを届けよう

CELANDINE BRANDYBUCK

「やってくれたんだ!」
「あなたが見たどれよりも凄いお茶になるわ」
「これでAmdirも元気になる!」
「それをはやくよこして、すぐにそれを沸騰した水に入れるから」



背景


CELANDINE BRANDYBUCKはコケモモの薬湯がAmdirの顕著な悪寒を暖めると信じているようです。

クエスト・データ

適正レベル:4
クエスト・タイプ:ソロ
前提クエスト:Siege To The South
派生クエスト:A Gift For Amdir