※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JAIL BREAK




馳夫(STRIDER)

「急げ!逃げるつもりなら、急がなければならない!」
「キミは早く動かなくてはならないぞ 敵はもうすぐここに来るぞ!」

目的1

監獄から脱出し、救援と合流せよ

あなたは山賊の野営地で囚われている所で目が覚めた。
死神のようにも見える男 野伏の馳夫があなたの前に立っている。
フラフラのまま立ち上がると、彼の声が耳に届いてきた。

馳夫(STRIDER)

「山賊どもめ 逝け!」
「これで十分だ」

目的2

鞄から武器を探し出せ

鞄があなたを救った人物の近くの床にある。
野伏はあなたに鞄から武器を探し出し、使えるものを選べと言う。
あなたは脱出するために自分の身を時分で守る必用があるだろう。

目的3

馳夫(STRIDER)から戦闘の仕方を教われ

馳夫(STRIDER)
「ここに囚われてる人は君だけじゃないぞ。わが友Amdirと私はHobbitを救出しに来た」
「しかし、彼は我等が追跡してるホビット族ではないと判明した」
「この脱出劇は我等全員にとって危険なものになるだろう、ここに強大な悪が潜んでると分かった」
「私はそれの動勢を聞きつけた、そして、その気配を感じてる」
「君はどうやって戦うのかを知ってるか?そこの武器で私と模擬戦をするべきだ」

目的4

馳夫(STRIDER)と話をせよ

あなたは戦闘訓練を受けた。
馳夫(STRIDER)と話して次にどうするか決めよう

馳夫(STRIDER)
「ようし。おまえの戦闘中の技能はとても素晴らしい!」
「しっかり聞け ここから出るのにおまえの助けが要る」
「我等がこの監禁小屋から出る時、真の戦いが始まるぞ」


目的5

馳夫(STRIDER)についていって外へ出よう

馳夫

「こっちだ」
「ここを通るぞ」
「ちょっと待ってろ、鍵をブチ壊す」

目的6

Celandineを捕らえてる者を倒す(0/4)

馳夫(STRIDER)
「ここで二手に分かれよう!」
「君はここに囚われている2人の重要なホビットを自由にしてくれ、Celandine BrandybuckとMundo Sackville-Bagginsだ」
「私はMordorの従者の様子を調べてくる、私はBlackwoldsと彼の関係を調べたい」
「Amdir、我が友の野伏は我等を安全に導いた、彼はメインゲートで我等を待っているはずだ」
「まずCelandineを自由に。Mundoは生きている、奴等は誰か他の重要人物と彼を間違えたのだ」
「君が両方のホビットを救出したら、Amdirがメインゲートに現れる」
「安全が確認出来次第、我等はその時にアーチェト村に向かおう」

馳夫

「あの門の向こうにCelandineが見つかるだろう」
「彼女を助けたら、私を見つけるんだ」


目的7

Celandine Brandybuckと話す

Celandineは壁ぞいに囚われている
あなたはCelandineを捕らえてる者達を倒したが、Mundo Sackville-Bagginsは見つからなかった
Celandineは恐らくMundoが何処に囚われてるか教えてくれるだろう


Celandine Brandybuck

「ありがとう、ありがとう。ありがとう!この小さな不運が私の人生の最後なのかと恐れていました」
「私の友人のMundoは近くにいると思う。私たちは彼を助けなければ!山賊たちは酷い事を言ってます!」
「我々はうら晴らしを求めている・・そして何をすればいいのか知ってる!」

目的8

Mundoを捕らえている者達を倒せ

Celandine Brandybuck

「ちょっと火を拝借・・・」
「ここでこうして・・」
「ヤツらの注意を引いておく」
「ついてきて!」

Edric

「縮れ毛を落としてやろうか、Hobbit!」

Brigand

「火だ!」


Celandine Brandybuck

「彼がいる!」

Edric

「Blackwoldにちょっかいを出さないことを覚えたほうがいい」
「俺より酷い目に遭うぞ、おまえが!」


目的9

Mundo Sackville-Bagginsと話せ

Mundoは庭のポストに縛られていた
彼の捕獲者が倒れたにも関わらず
Mundoは特に不快そうだ。
あなたは、脱出に参加するように彼に勧めるべきである


目的10

馳夫(STRIDER)とAmdirを探せ

Mundo Sackville-Baggins

「あなたがここに来たのは、たった今か」
「時間だ!俺が助けが来るって期待してると思った?」
「来いよ、あなたは大きいclodpoleだ!ゴロツキが帰ってくる前にここから出してくれ」
「あいつらは俺をジャガイモ袋で売り飛ばそうとしている!」


Amdir

「戻れ!影に戻るんだ、堕ちたる王よ!」


黒の乗手

「シューーーー」
「我に逆らえまい!」
「じきに、お前の力を上回る!」

Amdir

「アァァァァァ」

Celandine Brandybuck

「Amdir!」

黒の乗手

「小人どもめ」
「どっちが私と約束をしたBagginsだ?」
「忌まわしい炎だ」
「シューーー・・Dunadanもう十分だ」
「おまえらが炎に包まれるように・・小さき愚か者よ」

馳夫(STRIDER)

「行け!おぞましき者よ!民を傷つけはさせないぞ!」
「逆襲してやるぞ、亡霊め!」

黒の乗手

「Dunadanの呪い  私が見つけたこいつはBagginsじゃない!しかし貴様の前に戻ってくるぞ」
「全て燃えてしまうがいい、小さき愚か者達よ!」

馳夫(STRIDER)

「私は復讐を誓うぞ 亡霊め!!」

Celandine Brandybuck

「急いで来て」


目的11

Amdirと話す

Amdirは正門前に倒れている
野伏のAmdirは正門前に倒れている
馳夫(STRIDER)が彼を撃退できる前に、彼は黒の乗手に襲われた
あなたは早急に馳夫(STRIDER)に、何をするかを尋ねるべきである


Amdir

「よし・・・・ホビットたちの危険は去った。私は嬉しい」
「私に触ってはいけない。強大な危険が・・・去った。Nazgulは震える炎を恐れる・・」
「うぅぅ」


目的12

馳夫(STRIDER)と話す


馳夫(STRIDER)

「ああ、遅かった。AmdirはMorgul-bladeに突かれた。これは悪い予兆だ」
「一度ここを離れよう。アーチェト村が近い、Amdirが回復するまでそこで休もう。急いでついてきてくれ!」

背景

チェトの森を旅していた君は山賊に捕われてしまった。
目が覚めると薄気味悪い男が君を呼んでいた。


クエスト・データ

適正レベル:1
クエスト・タイプ:ソロ
前提クエスト:
次のクエスト:Strider's Charge