※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A TOUR OF BREE / ブリー村巡り


バーリマン・バタバー(Barliman Butterbur)との会話

「なんともどうにも、ブリー村にはとんでもなく大勢の旅人衆がお着きのようでごぜぇますね。あなた様は、あの南方人のようには見えませなんだけれども……。

わしはバーリマン・バタバー(Barliman Butterbur)。そしてここが踊る小馬亭(The Prancing Pony Inn)、ブリー郷広しのうちでも最高の宿屋でごぜぇます。もしほんの小銭をお持ちなら、一杯やってよし、泊まってよしでごぜぇますよ。はて、わしはなんか忘れちょるような……やれやれ、またこの調子だ。忙しいったらありゃしませんで。ああ、そう! わしは貴方さまのブリー巡りの、次の行き先をご案内するよう、申し付けられとったんだ。

わしの宿を出て丘を下り、宿屋の門を西へ超えてくだせぇ。そっからちょっと行くと、分かれ道がごぜぇます。北へ行って最初の家にいる、砂持ち家のリリー(Lily Sandheaver)をお訪ねになるとようございましょう」


砂持ち家のリリーとの会話は こちら


目的4

砂持ち家のリリーと、彼女の家で話せ

砂持ち家のリリーの家は、踊る小馬亭の西だ。
バーリマン・バタバーは、砂持ち家のリリーと彼女の家で話すよう言った。