DOWN-PAYMENTS / 頭金


アドソ・ヘイバンク(Adso Haybank)との会話

「済んだようだけど、状況を変えるには遅かったよ。ああ、なんてことだ……。

私はこれまでで最悪の失態を犯したんじゃないだろうか。あいつらの1人がここに来て、私は彼に立ち向かったんだ。それが間違いだったのかもしれない」