※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

循環モデルを作ろう

目的

循環モデルを作成して体外循環時の動態をシミュレーションする。それによってできる、かもしれないことは

・循環動態の変化から生理学的ドライウエイトあるいは適正循環血液量の非浸襲的推測
・各種体外循環時におきる生体反応に与える因子とそれに対する反応
・循環動態の変化が加速度脈波等の簡単な生体計測に与える影響の予測

当面やること

いろいろなlumped parameters modelを捜す。
simulation platformの検討。

参照

モデル

simulation platform

dynabios