※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦闘を始めたばかりで、何をするべきかと悩む

初心者向けのアドバイスを簡単にまとめてみました!

 


海事のための基礎知識!

 大きな船に乗れるようになるには、冒険、交易、戦闘の各レベルを上げていく必要があります。

 そのために避けて通れないのが海事(洋上戦闘)です。

 

 船を武装し、クエストやNPC狩りで戦闘経験を稼ぎ、戦闘レベルを上げていかなくてはなりませんが、そのために覚えておいたほうがいいことを書いておきます。

 

1.フルファイヤーのための船員数の計算

 

 船に大砲を積んで戦闘に出掛ける時、その大砲の威力を最大限発揮するためには、相応の船員数が必要です。

 そのフルファイヤーのための船員数を計算する式が、必要船員数+搭載砲門数÷2です。

 

 例えば、カロネード砲14門を3基、フリゲートに積んだ場合は、合計搭載砲門数14×3=42、その42を2で割った21+フリゲートの正常航行必要船員数20=41人がフルファイヤーのための相応船員数になります。

 但し、この計算式に当てはまらない船種もありますが、おおよその目安にはなると思います。

 

 で、実際にはこのギリギリの船員数では、戦闘によって船員が減るとフルファイヤーできなくなるので、プラスα(数人)の余裕を持って船員を乗せておくことをおすすめします。

 

 大砲を積むための砲室、船員を積むための船室は、船によって上下限がありますが、造船ランク5以上で、その船の操船条件(各Lv)を満たしていれば、一定の範囲内で改造することができますので、戦闘に出掛ける際は改造のできるメンバーに頼んで改造してもらいましょう。

 

2.敵には腹を見せ、敵の首と尾を狙う!

 

 海事の基本として、敵船との位置関係はとても重要です。 

 自船も敵船も、船首・船尾から砲撃を喰らうと、クリティカルで大きなダメージを受けます。 

 ですから、敵船の動きを見ながら、敵に対しては攻撃を受けてもダメージが少ない腹を見せ、逆に敵船の船首や船尾を狙い定めて砲撃するタイミングを覚えましょう。

 

3.無闇に旗付きの船は襲わない!

 

 クエストやイベントを受けて戦闘する場合は問題ありませんが、通常洋上に浮いているNPCを狩る場合、国家所属の旗付きの船は襲ってはいけません。 

 それらの旗付きNPCを襲うと、そのNPCの所属国の領地、同盟港で交易品を買う時の関税が上がったり、最悪入港ができなくなります。 

 また、積み重なると悪名も上昇し、色付きネームになったりもしますので、クエスト・イベント以外では、旗付きNPCを襲わないように気をつけて下さい。

 

4.戦闘前に銀行へ!

 

 クエストやNPC狩りに出掛けて、もし万が一負けてしまった場合、持っている所持金の半額が奪われてしまいます。
 また所持品も奪われる可能性があります。 


 

 ですから用心のために、戦闘に出る前には銀行に寄って、航行に必要な所持金を除き、余分なお金や貴重品は預けておきましょう。 


 

 戦闘は習うより慣れですから、最初は巧くいかなくても、やっている内に要領が判ってきます。 

 大海原で逞しく生きていきましょうw 


サイト利用者への注意

 

※下記の広告は★=黄金の獅子=★とは一切関係ありません!