※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファング(1987年 11月27日ー)

新潟県出身の素人。黒山羊以外でまともな小説は今までよんでこなかった。現在ラヴクラフトを仕事の合間に読んでいるが読書速度は遅い。

  • 概要
黒山羊観光の新米であり、ここ以外の小説は全く知らない上に、ここ以外に活動はネット小説SNS dNoVeLs以外では行わず更に今現在そちらでの活動は停止中なので実質上として黒山羊観光が初めての小説活動である。ろくに知識もないのにいきなり黒山羊観光で小説活動を行うという愚考に走るが「叩かれるのは当然」と現状を受け入れて自分なりに勉強中である。

  • 経歴
1987年 11月27日、同県の田舎にて出生する。出生当時は話によると「今も落ち着きがないが昔は本当に落ち着きがなかった」らしく、目を離した隙に何処かへ光の如くの速さのハイハイで動き回り一度犬に噛み殺されかけている。数年後、両親が共働きだったために親戚の祖母に預けられていた姉とは違い自宅で独りぼっちを味わう羽目に。それが原因で孤独の辛さを知っているが、孤独であることに対する恐怖心は完全に麻痺している。
既に当時からニートとなるべくしての教育を施されており幼少時に他人とのコミュニケーションが取れなかったために小学校へ上がった矢先にすぐさま虐めの対象となり周囲から孤立、一応は仲良くしてくれるクラスメイトなどは居たが一時のみでその後は見限られるか相手にされなかった。無論今以上に痛かった本人に最大の原因があるわけではあるが。
以後中学を卒業するまでの9年間の虐めを耐え抜いたが精神的には歪んでおり、根本的な考え方から既にネガティブとなっていた。幼少時に父親から与えられたファミコンのみが唯一の友達であった。
高校は成績の悪さが響き、農業高校へ進学、同学校の造園部を選択し、そこでようやく真っ当な心の奥底から友人と思える友人を手に入れることが叶う。その友人に化して貰ったゲームが『ARMORED CORE3』であり、それのネット小説を携帯で探しているときに旧エンゲージを発見する。この時はただの読者であった。
一応中学までは虐めにあいながらも剣道を学び、二段を取得したが高校では卓球へと走る。しかしながら運動能力も大して優れているわけではないので直ぐにだらけ始める(部活全体で部室で飲み食いを繰り返し、更にそこで麻雀を教わる)
高校を卒業後に黒山羊観光を発見し『ENGAGE ASSAULT』を通じて本格的に黒山羊観光への参加を始めて現在に至る。今現在は「休み」と言う概念が存在しない職へ着いており執筆速度は異常に遅くなった。

  • 当人の再就職回数と(分かっているだけの)死にかけた回数
また当人は就職とニートをこれまでに四回は繰り返している。クビ(四ヶ月)→会社が倒産(二ヶ月)→辞職(一年半)→クビ(一年)→現在の会社、と言う卒業して僅か四年で四つもの、違う職種の会社を経験している。また犬に噛み殺されかけた以外にも、テーブルの角に後頭部を強打し大量出血や階段から突き落とされる、冬場の池に落下する、社会に出てからは感電したり、ハンマーで頭を殴られたりや全身痣だらけになっていたりする。結果として何らかの精神的な障害か疾患が出ていると思われ、精神科に行きたいのだが行くチャンスが少なかったりする。なお姉と親戚にも一度ずつクビを締められて窒息死しかけている。これ以上は死にかけたくないと本気で思っているが今後も仕事の関係上死に瀕するであろうなと諦めている。