コソコソ声真似ラジオリレー

新世紀エヴァンゲリオン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第壱話

 シンジ「父さんなぜ呼んだの」
ゲンドウ「お前の考えている通りだ」
 シンジ「じゃあ、僕がこれにのってさっきのと戦えっていうの?」
ゲンドウ「そうだ」
 シンジ「いやだよ、そんなの! なにをいまさらなんだよ!
     父さんは僕がいらなかったんじゃなかったの!」
ゲンドウ「必要だから呼んだまでだ」
 シンジ「なぜぼくを‥‥」(電話声)
ゲンドウ「他の人間には無理だからな」
 シンジ「無理だよそんなの‥‥見たこともきいたこともないのに
     できるわけないよ!」
ゲンドウ「説明をうけろ」
 シンジ「‥‥そんな‥‥できっこないよ! こんなの乗れるわけないよ!」
ゲンドウ「乗るなら早くしろ、でなければ帰れ!」


カヲル登場

カヲル「歌はいいねぇ。」
シンジ「えっ‥‥」
カヲル「歌は心を潤してくれる。リリンの生み出した文化の極みだよ。
    そう感じないか、碇シンジ君。」
シンジ「僕の名を‥‥」
カヲル「知らない者はないさ。
    失礼だが、君は自分の立場をもう少しは知った方がいいと思うよ。」
シンジ「そうかな‥‥あの君は‥‥」
カヲル「僕はカヲル、渚カヲル。
    君と同じ仕組まれた子供、フィフス・チルドレンさ。」
シンジ「フィフスチルドレン? 君が、あの、渚‥‥君。」
カヲル「カヲルでいいよ、碇君。」
シンジ「僕も‥‥シンジでいいよ。」


シンジ&カヲル

カヲル「やあ、僕を待っててくれたのかい」
シンジ「いや、別にあの、そんなつもりじゃ」
カヲル「今日は?」
シンジ「あの、定時試験も終わったし、後はシャワーを浴びて帰るだけだけど…。
    でもホントはあまり帰りたくないんだ、この頃…」
カヲル「帰る家、ホームがあるという事実は幸せに繋がる。よい事だよ」
シンジ「そうかな?」
カヲル「僕は君ともっと話がしたいな。一緒に行っていいかい?」
シンジ「え?」
カヲル「シャワーだよ。これからなんだろ?」
シンジ「う、うん」
カヲル「だめなのかい?」
シンジ「あ、いや別にそういうわけじゃないけど…」


シンジ&カヲル

カヲル「一時的接触を極端に避けるね、君は。怖いのかい?
    ヒトと触れ合うのが。他人を知らなければ裏切られる事も、
    互いに傷つく事も無い。でも、寂しさを忘れる事もないよ。
    人間は寂しさを永久になくす事はできない。ヒトは一人だからね。
    ただ忘れる事が出来るから、ヒトは生きていけるのさ。」
シンジ「あっ!!」
シンジ「時間だ…」
カヲル「もう、終わりなのかい?」
シンジ「うん、もう寝なきゃ」
カヲル「君と?」
シンジ「えっ、いやっ、カヲル君には、部屋が用意されてると思うよ、別の」 
カヲル「そう、常に人間は心に痛みを感じている。心が痛がりだから生きるのも
    辛いと感じる。ガラスのように繊細だね? 特に君の心は」
シンジ「僕が?」
カヲル「好意に値するよ」
シンジ「好意?」
カヲル「好きって事さ」



第弐拾六話

「僕は…ダメだ。ダメなんですよ…。ヒトを傷つけてまで、
 殺してまでエヴァに乗るなんて、そんな資格ないんだ。
 僕はエヴァにのるしかないと思ってた。でもそんなのごまかしだ。
 何もわかってない僕にはエヴァに乗る価値もない。
 僕にはヒトの為にできる事なんて、なにもないんだ。
 
 アスカにひどいことしたんだ。カヲル君も殺してしまったんだ。
 やさしさなんかかけらもない、ずるくて臆病なだけだ。
 僕にはヒトを傷つけることしかできないんだ。
 だったら何もしない方がいい!」

「同情なんかしないわよ」