首長竜

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
4 4 4 普通 ■使用効果 :レベルが「自分の手札の色の数」以下のアタッカー1体を手札に戻す(デーモンは黒と見なす)
手札次第でレベル4以下のアタッカーを対象に出来るバウンスカード

ver0.37でステータスと能力が更新された。
ステータスは攻撃力が3→4に強化。とはいえ以前のステータスはレベル4としては少々小粒だったと言える。
注目すべきは能力の変化であろう。以前はレベル2以下のアタッカーをバウンスするだけだった。
新たに得た能力は「手札の色の種類の数」以下のレベルのカードをバウンスできるように。
通常、2種類の色でデッキを構成する場合、レベル2以下をバウンスできるので以前の通りと言える。
むしろ手札が悪いとレベル1以下しかバウンスできない、少々強いウミガメ程度である。
だが3種類4種類と手札に揃っていれば、以前はバウンスし難かったレベル3〜4もバウンス可能になった。
反面、手札参照の弱点としてハンデスに弱くなった。
とくに手札が首長竜1枚のときはレベル0しかバウンス出来ない。地獄蝶で呼び出して使う場面はほとんどなくなっただろう。
いずれにせよ効果を最大限に活用するには少々工夫が必要といえる。

序盤では相手の出足を止めるのに効果を発揮する。
1ターン目から続けて出すことで、相手の初手アタッカーを飛ばしつつ4/4を待機所に置ける。
能力の高さもあり、バウンスに成功すれば高確率で次のターンに勝ちを奪えるだろう。
速攻タイプを相手にする場合において、このカードの持つコントロール力は大きい。
この場合、手札が1色でもほとんどの初手アタッカーは対象になるため工夫はあまり必要ない。

単純明快かつ強力な効果ではあるのだが、非常に読まれやすいのが欠点。
ニワトリなどでレベルを上げてカウンターされたり、ミイラなどの敗北効果持ちの場合は戦場に出さない可能性もある。
序盤の攻防を制するという面ではウミガメほどの強さはない。

首長竜の良いところは、中盤以降に戦場に出される低レベルアタッカーに対しても有効な点にある。
使用効果を目的としてカードを使い、以降はそのクリーチャーをサポートして戦うというパターンは多い。
そのようなアタッカーを狙い撃ちしていくことになる。
通常の2色で構成されるデッキの場合でも、デッキバランスにもよるが中盤以降は手札が2色になりやすい。
以前と同じように低レベルアタッカーを狙い撃つといいだろう。
また堕天使ミノタウロスゾンビといった強力なレベル2アタッカーは終盤でも戦力として出る可能性がある。
相手によっては終盤でも活躍が期待できる。
これらのクリーチャーを軸にするデッキに対するメタにもなっている。
中盤以降の戦力としてはやや心許ないが、コスト以上の働きを見せてくれることも多い。
他、狩人でバウンスし難いレベル3~4のアタッカーも範囲内に出来ることも抑えておきたい。

レベル2には優秀なカードが多く、多くのデッキは軸の一つとしてレベル2を採用している。
特にレベル2をメインアタッカーとして起用するデッキの場合、首長竜一枚で沈黙することも珍しくない。
序盤、中盤以降のどちらにも活躍できる汎用性の高さがこのカードの強さと言える。
実際にはバーンに比べて重い、使用効果を再利用されるといった欠点もある。
何でもかんでもバウンスすればいいというものではない、ということは頭に入れておきたい。

さらに首長竜の能力を生かそうと思うなら一工夫必要になってくる。

青カードなら女海賊で相手デッキから奪えば、相手デッキにもよるが手札3~4色を狙うことが出来る。
海賊子分で相手からサブを奪いシスターで回収する方法もある。
海賊子分シスターのコンボは予てからある手法なので、こちらに合わせる形で首長竜を採用してもいい。
これらは勝利効果持ちなので招き猫を合わせる手もある。
手に入るカードの色はランダムではあるが、手札に1枚入ることで手札が1色増えるかもしれない。
また招き猫で増やしたサブをシスターで回収すれば一度に4色揃うことも少なくない。
サブから奪うという点ならヤマタノオロチを採用してもいい。
特に嫌らしい待機効果持ちも多いのでヤマタノオロチで奪いながら首長竜のバウンス範囲を広げれれば一石二鳥。
直接相手札から巨大アンコウで奪いとるのも悪くない。覗き見るついでにしよう。

上記のように相手に依存しないで3色以上を集めるにはヤタガラスの助けが必要になってくる。
そのヤタガラスも同時に更新され使い易くなった。と、いうかヤタガラス救済に便乗したと見るべきかもしれない。
ただ、ヤタガラスで3色デッキを組んだとして上手く手札入るかはわからない。
デッキ構築の段階でそれなりのバランスを考えたり、ドローカードを利用したいところ。

他に、人魚予言者を駆使することで手札を3種類以上にすることも可能だろう。難しいが。
蒐集王だと3種類にするのは少々骨が折れそう。

2色デッキでも、序盤は手札が1色になってしまうことは少なくない。
青が首長竜1枚しかない場合は、使用するときに1色減ってしまうのでカードプールには余裕がほしいところ。
また先述の通り手札破壊で効果はほぼ無力化される。1~2枚奪われるだけでも価値が大きく変わると言っていい。
そのためできることならドローカードを採用しておきたい。上記のシスターはそういった面でも相性がいいと言えるだろう。
ver0.37の更新で水使いがドローカードとして使えるようにもなった。とはいえ魔力的にはキツいかも。

デッキ構成にもよるが、地味にワシがありがたいときがあったりする。

とはいえ、あまり中レベルバウンスばかりに目を取られない方がいいかもしれない。
ステータスも強化されたのだからアタッカーとして考えてデッキに入れ、補助して戦わせるのも悪くない。
そして手札がいいときにバウンスとして発揮させるのがいいかも。
補助として狩人を採用し、相手を倒すと同時にレベルを下げてバウンスすることを合わせて考えるのもいい。
相手がレベル3〜4をアタッカーとして使うかどうかもわからないのだから尚更だろう。
レベル調整ならver0.37の更新でソードマスターが使用効果を得たが、この場合首長竜以外のバウンスでもよかったり…
手札4色と狩人でレベル6でもバウンスできるが、それならソーサラーで十分でもある。

使いどころを見極め、有効なタイミングで使用してその効果を最大限に活かしていこう。
バーンに比べて対策が少ない、相手の能力値に依存しないといった点がバウンスの強みである。
特に低レベルだとわざわざウィザード不動森神無効で保護することも少ないため有効打になりやすい。
低レベルクリーチャーが猛威を振るっていた頃には、強力なメタカードとして警戒される度合いも強かった。
しかし、その後は範囲こそ広いものの他のレベル4勢の台頭やの強化などで、少々日陰の身だった。
特にステータスが他と比べると弱かったのでアタッカーとしても見劣りしていた。

ちなみにver0.37で登場した新カードでレベル3〜4は炎馬催眠術師変異体で、いずれもレベル4。
催眠術師はともかく炎馬変異体はバウンスしたいが・・・ちなみに同じく新カードの魔界樹はレベル6。
いずれにせよ攻撃力が1増えたのはたしか。もうウミガメに削られたり水先案内人に完敗したりしない。
それだけでも採用するのに意味があるかもしれない。

関連項目
-アタッカーを手札に戻す

意見所
名前:
コメント:
  • 赤青緑+ヤタガラスで4色いけるよね たぶん -- 名無しさん (2013-10-29 21:03:34)
  • 招き猫からのシスターはどうだろう・・・。 -- 名無しさん (2013-01-05 17:39:15)


#co

添付ファイル