シーサーペント

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
6 5 5 普通 ■使用効果 :全てのアタッカーを手札に戻す
青が誇る最強のバウンスカード

通称シーサー。たまに、ペント、サーペン、シーペン等と呼ばれることもある。
バウンスカードの中で唯一レベルなどの制限が一切無く、無効不動アタッカー以外はなんでも吹き飛ばせる。
使用する際に条件を整える必要がほぼなく、相手の使用カードを気にする必要もほとんどない。
相手のファッティや強化アタッカーを水泡に返す。
こちらの効果持ちカードを再利用できる。
さらに5/5のクリーチャーを場に出せる。
という一石三鳥の役割を成し遂げる。
相手のデッキ構成によっては、致命的な効果を与える。

ただし、アタッカーを手札に戻すとして、サブは残存する。
相手のサブが無人や弱小なら良いが、その後が強力なら一時しのぎにしかならない。
また、相手のアタッカーをバウンスするというのは、相手も効果を再利用出来るという点にも注意。
使用効果主体の弱小アタッカーをしかたなく出している相手に使うと、むしろ喜ばれるかもしれない。
ファッティだからといって朱雀リッチデュラハンなどを闇雲にバウンスするとあとが怖い。

言うまでもなく、自分のアタッカーも吹き飛ばすので、間違っても自分のファッティが勝利確定の戦闘に使ってはいけない。
勝てる勝負を見す見す水に流しては意味がない。

全てを破壊する朱雀と比べるとプレイヤーの判断がキーとなるのは青らしいと言える。
加えて、青カードでレベル6というのは他色以上にかなり重く感じる。
いざというときの魔力切れにはくれぐれも注意したい。

無効アタッカーをおいて、シーサーを使うコンボも有名。
使われると対処法が非常に限られ、強力。
ホムンクルスとあわせてクルスルーと呼ばれる。
他のバーンなどと合わせると戦闘にすらならず一方的に勝利できる。
森神とそこそこのアタッカーを合わせて代用するのもいい。
だが、ホムンクルスの欠点はステータスで、奇襲を含めた方法に注意が必要である。
また無効敗北効果待機効果を無効にできない。
特に待機効果はシーサーの射程外なので要注意となる。

スカイドラゴンはバウンス耐性があり、シーサーでは殴り合っても勝てないサイズ。
つまり、味方に居れば心強く、相手に回すと厄介。
ver0.37から竜使い待機効果を持ち、これとスカドラとシーサーを合わせる方法がある。
待機所に竜使いを置き、シーサーで戦場のスカドラと相手アタッカーをまとめて吹き飛ばす。
スカドラは手札に戻り、手札効果で魔力1で待機所へ、待機所から魔力2で戦場へ。
総コスト9と魔力も手順も掛かるものの、相手の使用効果をかわしつつ勝利をもぎ取る大技となる。
そこまでで無くても、ドラゴン族竜使いを待機所にシーサーを合わせることで一方的に勝利出来るだろう。

ドラゴンゾンビは墓地にあると、ゾンビもしくはドラゴン族アタッカーがいなくなった場合に戦場に出る。
準備を整えれば、シーサーで全体バウンスから自分の戦場にドラゴンゾンビが登場、そのまま勝利!といったことも可能。
準備が手間なのが一番の問題点だろう。

とは言え、アタッカーを強化していくタイプのデッキなどで、主力をバウンスすれば効果的。
特に、レベル3~4を主力にするデッキはバウンスに対してスキが多く、シーサーは刺さりやすい。
厄介な能力持ちが多いレベル帯なのでこれは大きい。
シーサーペントに対策をとれれば、それだけで一つの長所と数えられるほどである。

主な対策カード
Lv(消費) 名前
イニシアチブ有りの場合
3 ウィザード 不動。かなりストレートなバウンスメタ効果。
5(1) クジラ 使用カードバウンス。大安定カード。相手の使用した効果を発動させない。
1 ガーディアン 一時無効。一時的かつ後攻持ちと制限はあるが、バウンス以外もほとんどの効果を止められ、かつ軽い。
2(4) 森神 無効。大安定カード。バウンス以外でもほとんどの効果を止められる。
5(1) エメラルドドラゴン 一時無効。一時的かつドラゴン族と制限はあるが、バウンス以外もほとんどの効果を止められ、かつステータス強化。
イニシアチブ無しの場合
2 ゴブパラ 軽いが、サイズが小さいので苦しいかも。+ガーディアンの待機効果でクルスルー撃破できると気持ちいいが…
3 騎兵 強いが控えが3体いないと不発なので注意。できればネクロに繋ごう。
4 ケルベロス 同上で控えが3体必要。むしろバウンス後に戦場に出てきたシーサーを叩きたい。
1 イソギンチャク 軽い上に対処できる範囲の広い有能カード。サブが必要。
3 ギャンブラー ドラゴン族を一気に戦場へ。手札の配置次第で文字通り博打。
3 ネクロマンサー バウンス・破壊に対するカウンターカード。不意をつくのがコツ。
3 サモナー 黒カードが手札から一気に戦場へ。生贄用の黒サブも必要。準備万全なら虚を突くカウンターに。
4(1) ワーエレファント
尖兵
待機所に尖兵が居ればカウンター出来る。その後、ワーエレ自身もシーサーに勝てるサイズ。
ver0.37からのライフ条件が厳しい…ゾウ強化の結果ガーディアンでは勝てなくなり緑単はツラい…
その他
1(2) 竜使い
ドラゴン族
待機効果(消費2) で、ドラゴンを戦場に送り出す。
待機所に前もってドラゴンと一緒に配置し牽制するもよし、魔力に余裕があるなら後出しするもよし。
ドラゴンゾンビ ゾンビまたはドラゴン族アタッカー限定でかつ墓地に設置する必要があり、相手にも見えてるため牽制カードとなる。
上記の説明を逆にこちらがするパターン。バウンス・破壊に対する牽制カードと言える。
四聖獣ほどではないにしろ、重いという欠点があるので、使われるタイミングは読みやすい。
しかし、それでも魔力6、エルフなどで強化してあれば、連発も難しくないので注意。
遅延デッキなどで雪女と合わせて使われたりする。

単純なステータスだけ見ると5/5はLv3の青鬼と同じ。
完全に効果が発揮されてこそコストと見合うのカードなので、くれぐれも使いどころは間違えないようにしたい。
状況次第では、人魚運び屋で差し戻して海神で発動、などのコンボを考えてもいいだろう。
一方で墓地に落ちると霊媒で逆用されることも、しばしばなので注意しよう。

関連項目
-アタッカーを手札に戻す
  • ウミガメ(レベル1以下のアタッカー)
  • 首長竜(手札の色の数以下のレベルのアタッカー)
  • ソーサラー(レベル5以上のアタッカー)
  • 人魚予言者(予言的中の場合の相手全クリーチャー)
  • 人魚兵長(人魚族を引いたらお互いの人魚族の以外のアタッカー)


意見所
名前:
コメント:
  • フツーにシーサーが浸透してると思うけど -- 名無しさん (2014-06-05 19:56:05)



添付ファイル