翼竜

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
2 2 1 先攻 ■使用効果(消費魔力1): アタッカー1体に先攻を与える
バーンに並んで赤を代表する能力、先攻を与える先攻持ちワイバーン。

先攻を得ることによる優位性は極めて高い。
攻撃順に干渉できるカードはツタ河童などもある。
これらは一回戦闘に勝って(相手を倒して)しまえばそれきり。
対して先攻は味方側に付与するため、何らかの手段で剥がされない限り何戦してもずっと先攻のまま。
継戦能力を高められるのが大きな長所である。
実際先攻がついた高攻撃力のアタッカーを戦闘だけで突破することは難しい。
これが魔力3という小技の範疇で行えるのである。費用対効果も抜群。
他に、先攻を付与するカードには火柱ゴブリン王がある。
これらと比較すると、付与に条件が全く無く汎用性が高いことが何よりのメリット。
もちろん、バニラデッキゴブリンデッキに翼竜を入れて安定的に先攻付与させてもいい。

先攻には緑ドラゴンという弱点もあるが、逆に言えばデメリットはそれくらいなものである。
を相手にする時は気をつけよう。
むしろ、使用時にハーピーのような消費魔力を狙うカードに妨害されることを注意した方がいい。
また、人魚予言者狂戦士のターゲットにされやすいので、対戦する際は使用に気を配りたい。

強化カードとしても、混沌の影響を受けないので半減などと並んで非常に優秀。

自身もレベル2先攻2/1と便利なステータスの持ち主。
先攻持ちというだけで利用価値は充分高い。
能力値は貧弱だが炎使い人魚メイジで何とでもなる。
火竜の首バーンで補助しても良い。
赤スターターに3枚同梱されており、このカードを目当てに赤スターターで始めることも十分選択肢に入る。

非常に汎用性の高いカードで赤絡みならほぼどんなデッキでも採用を検討できるカード。
同時に赤を相手にする際に常に注意しなければいけないカードの1枚と言える。
hozo氏によると、2012/12/16の11時の時点で使用率最高カード。
文句無しに強力で使い易いということが証明された結果であった。

関連カード


意見所
名前:
コメント:
  • 相手の使用カードを無視して考えてる場合が多いので、しっかり考えましょう。一戦勝てなきゃ河童と同じ。 -- 名無しさん (2013-09-22 13:32:13)
  • 先攻付与したら勝てるつうのは -- 名無しさん (2013-09-22 13:29:43)
  • 竜だけどドラゴン族じゃない代表 -- 名無しさん (2012-01-14 13:37:50)



添付ファイル