人魚マダム

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
3 3 3 普通 人魚族
■使用効果 (消費魔力1): 相手のサブ1体を相手のアタッカーと入れ替える
サブを誘惑して戦場に呼び寄せる罪深き人魚のご婦人。

相手の待機所にいるサブを戦場に引きずり出す。
おおまかにはアタッカーを戦場から消し去るバウンスに近い効果。
加えてサブに干渉できるという一石二鳥の動きができる。
イニ無しで次々と弱小クリーチャーを引きずり出せば、中堅アタッカーで容易に連勝できることもある。
他のバウンスカードでは対応しにくいレベル3、レベル4に対しても有効なのが非常に大きい。
ver0.33より消費魔力が付きコストが4に。
バウンスカードである首長竜ソーサラー人魚兵長と同コストとなり、これらのカードと対応する関係になった。

カードコマンダーには強力な使用効果を持つがアタッカーとしては活躍できないクリーチャーが多数存在する。
通常、それらは勝敗が決まるまで待機所にたたずむことになる。
それらのクリーチャーをカモにして自身のアタッカーを勝たせるのが人魚マダムの基本的な使いどころ。
特に使用効果で優位を築くタイプのデッキは待機所が貧弱になりがちであり、そこを狙い撃ちできる可能性が高い。
またアップデートが進むにつれ、弩兵人魚予言者といった強力な待機効果を持つクリーチャーが増えてきている。
単純なサブ破壊とは異なり、アタッカーに干渉しつつサブを排除できるのが人魚マダムの大きな強み。
アタッカーを消さないので、バウンスメタであるネクロマンサードラゴンゾンビをかわせるという長所もある。
こちらのトラバサミに対して相手が足場にした弱サブと入れ替えれば、アタッカーを封じつつサブを倒して勝ちを取れる。

人魚マダムが戦場にいれば、人魚兵を人魚マダムの代わりに使うことができる。
魔力3だと人魚兵は出せるが人魚マダムの効果は発揮できないので要注意。
実質人魚マダムを直接使うのと大差がなく、人魚兵長と比較するとシナジーはやや劣る。
人魚兵が勝てるクリーチャーが相手の待機所にいるなら、バーンを回避しつつアタッカーを押し返す動きが狙える。

相手のサブの状況によっては効果を活かせないことがあるのが最大の短所。
サブを対象とする効果のため、対象となるサブがいない場合にアタッカーを待機所に押し戻せない。
相手のサブがいなかったりステータスの高いクリーチャーばかりだったりすると、人魚マダムではどうしようもない。
またサブに戻すだけなので、ファッティを戦場から追い出したとしてもノーコストで再度戦場に出せてしまう。
結果として一時しのぎにしかならず、戦場のアドバンテージを覆せないまま終わることも。
の強化でサブを肥やさずに強いアタッカーを出せるようになったことも、人魚マダムにとっては逆風となっている。
イニ無しで相手のアタッカーが2体の場合、相手が出した強いアタッカーと弱いアタッカーとの入れ替えを狙う。
しかしこれを読まれると相手は弱いアタッカーを出し、強いアタッカーに入れ替えさせられて結果負けてしまう。
ここは読み合いとなり、駆け引きの勝負と言える。

バーンバウンス、攻撃力低下などこちらのアタッカーを無力化する効果を重ねられるとライフを失う結果になる。
バウンスとして見るなら下位に位置する効果であり、他のバウンスカードでできることが人魚マダムにはできない。
対象範囲が広い代わりに、アタッカー排除としてはやや不完全である。
他のバウンスと同様不動や無効相手には効かないし、その場合にはサブ排除として使うこともできなくなる。
ロックドラゴンやアイスドラゴンなどの戦場・待機所効果に対してはマダムで対処することは不可能である。
細かいところだが、使うタイミングを間違えないように気をつけたい。

中堅アタッカーを強化、補助して攻めるタイプのデッキに対しては強烈に刺さる。
コスト4になってもこの点は変わらないが、不意を突く使い方は以前より難しくなった。
お膳立てなしでアタッカーを排除するカードはほとんどがコスト4以上であり、まとめて警戒されてしまう。
一方で待機効果クリーチャーの充実に伴い、サブに干渉できるカードの価値は上がってきている。
サブ排除としては高コストだが、単騎で様々なことがこなせるカードなのでそのうちの一つと考えれば十分だろう。
サンタの登場により能動的にクリーチャーを待機所に押し込み、人魚マダムで狙うような動きもできるようになった。
相手に依存するところはあるが、このカードでしか突破できないシーンも数多く存在するのでしっかり役立てたい。

関連項目


意見所
名前:
コメント:
  • 罪深きかwって同性でも引き寄せる誘惑ってどうよ?逆にホムンクルスが朴念仁に見えてきたがw -- 名無しさん (2012-03-04 09:34:27)




添付ファイル