森神

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
2 2 3 普通 ■使用効果(消費魔力4): アタッカー1体に「使用効果を無効化する能力」を与える
大型クリーチャーにつけたい使用効果ナンバーワン。防御系効果の最高峰。

バーン能力低下を防ぐだけでなく、相手に無効をかけて強化効果を奪ったりと、汎用性も非常に高い。
優秀なカウンター性能を考えると、是非ともイニアシチブ有りで使うべき能力。
相手のライフが1で、戦場の相手が素で勝てる相手なら、森神を使えばほぼ勝利が約束される。
バーンも破壊バウンス強化能力追加も、すべてこれで無効化or対象変更ができる。
河童とか、森神でも対処できない効果もたまにあるが…

クマ吸血鬼のような自動回復を持つアタッカーにつけるとしばしば不落の要塞と化す。
ただし森神自体には戦闘力を高める効果はないので、一手目でつぶされることも多く、決めるのは難しいが。

シーサーペント火竜などとのコンボも強力。
決めるには大量の魔力が必要だが、威力はコストの高さ以上にあると言ってもいい破壊力である。

あまりに性能がいいので、批判されることもたまにある。
しかしこいつがいないと、苦労して出した大型アタッカーがあっさり潰されたりする。
それはそれでつまらないというものである。

使用効果でもカードによっては、どちらのアタッカーを対象にしているか気をつけたい。
クラーケンのように、両アタッカーが使用効果の対象ならどちらかが無効なら発動しない。
ver0.37から人魚メイジは「自分のアタッカー」を対象に発動するようになった。
そのため、こちらのアタッカーに無効つけても相手の人魚メイジが発動するとステータスをコピーされる。
この場合、相手のアタッカーに無効をつければ人魚メイジは発動しないので、タイミングに気をつけたい。
他、忍者原住民の効果は、対象は「相手のアタッカー」なので「自分のアタッカー」が無効でも発動する。
これらは当然一時無効も同様なので覚えておきたい。

また、敗北効果などは普通に受けるのには注意。
カニナーガヤドクガエルバンシーが特に危険と言えるあたりである。
弩兵人魚予言者などの待機効果も防げない。
戦場効果も防げない。
特に痛いのがケンタウロスリーダーの【戦場・待機所】効果で、磐石の無効が消されてしまうことに。
高コストを使って付けた無効がわずか1ターンで剥がされるのはなんともツラい。
ただ消されるのはターン開始時なのでラストの一戦を確定させる場合は有効。
また消される対象は「獣人族以外のアタッカー」なのでこちらが獣人族なら問題ない。

近い効果としてガーディアン赤マントを挙げてみる。
ガーディアンは一時無効を付与する。
対象が後攻持ちだけかつ1ターンのみなので、付与する予定のファッティによって選びたい。
赤マントは自身の能力だが、仙人で付与することも出来る。
使用効果を完全に防ぐが、赤マント自身の戦闘力、付与する場合はデッキが制限されかつコンボカードが多い。
手軽さでは森神が上だろう。

最初期は消費魔力なしだったが、更新が進むにつれ消費魔力が増加している。それでもなお愛用されているが。
無効朱雀は、今でも対処するにはそれなりの準備が必要で、玄武からの無効朱雀はかなり優秀である。

関連項目


意見所
名前:
コメント:
いくらなんでも言いすぎだと思うので隠しておきますね


添付ファイル