ニワトリ

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
1 2 1 普通 ■使用効果 :アタッカー1体の攻撃力とレベルを2増やす
他人の力とレベルを引き上げることで活躍した気でいる偉大なチキン野郎。

パワーアップ系最軽量。コスト1にして打点を2つも上げる便利な1枚。
たかが2点と侮るなかれ。
2回殴らないと勝てない戦闘をワンパンチで鎮められればたいしたものである。
戦闘補助なら除去も兼ねたバーンでも良さそうに見える。
しかし、「スカされない」「無効対策になる」といった点で差別化できる。
またコストの軽さから読み難く、安心して殴りに来た相手アタッカーを返り討ちにできると嬉しい。
青のアタッカーに付ける時は特に読まれづらい印象がある。(主観)

レベルアップは普通のアタッカーにとっては、それだけでは特に意味のない効果。
だが、以下に挙げるようなレベルを参照する一部のカードとシナジーがある。

首長竜ウミガメの低レベルバウンスの回避手段になる。
逆にレベル5を超えるとソーサラーの標的にされてしまう。
相手の中堅アタッカーのレベルを上げてソーサラーでバウンスと言う手もある。
征服王のレベル3以下破壊の効果も防げる。
自身のレベル2~3のアタッカーのレベルを上げ征服王で一方的に破壊するのもおもしろい。
シャーマンのレベル1倍強化の妨害にもなる。

クマなら単純に強化してやれば文句なし。
高レベルアタッカーに対しても疑似半減が効き、強化効果の相性がかなりいい。
自身もクマのエサになるので無駄にならない。
※使用後のニワトリはスタッフのクマがおいしくいただきました。
ソードマスターのレベル調整に使える。
レベル5ファッティもステータスに構わず封殺できる。
相手にかけてもいいので、低レベルの強化系にも刺さる。
ゴブリン剣士の能力を活かすために相手に使うこともある。
ゴブリン王などで先攻をつけてから相手にニワトリしてやれば効果的。
だがレベル2以下で脅威となるアタッカーがそれほどいるわけでもないので狙う機会は少ない。

レベルやステータスは全然違うが効果だけ見ると狩人と真逆の関係になっている。
ちなみにレベル操作ができるのはこの2体とウィザード火の鳥
かつては希少な効果だったがいつのまにかけっこう増えた。
さらにはソードマスターがレベル調節特化の使用効果を得た。
「希少な効果」の看板は下ろさざるをえまい。

レベル関連のカードはウミガメ征服王など有用なものが多く、コストの低さからもニワトリは重要なカードである。
なお混沌はレベル・攻撃力の増減も反転させるので、場に居るときは当然注意が必要。
この場合は、低コストの狩人と認識しよう。

ステータスは2/1。
のレベル1としては標準的だが中盤以降に使いたい性質上、足枷になる。
翼竜などとは違い自身はほとんど戦力にはならないので、少々注意したい。
待機所に控える常速の2/1など、ただの鶏がら…もといゴミ。
燃料としても力不足。マダムの恰好の的になる。
低コストサポートカードの宿命として諦めるのもいいが、クマのエサやゴブリン戦車の弾にするといいかもしれない。

関連項目

意見所
名前:
コメント:


添付ファイル