緑ゴーレム

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
5 5 8 普通 不動
■このクリーチャーは緑のクリーチャーに対して戦闘ダメージを与えられない
■このクリーチャーは効果で移動しない
同朋には手を上げない不動付きファッティ。

レベル5で速度普通、5/8と同レベル帯では高めのステータスを持つ。
緑ドラゴンと比較してHP+1、不動持ちである代わりにデメリット付き、というデザイン。
待機所でも不動扱いになるため、海賊子分ナーガ人魚予言者青龍などの効果を受けない。
こちらが出すシスターイソギンチャクの対象にならない。
デメリット能力は相手アタッカーが緑の場合に攻撃力0扱いになるというもの。
相手も攻撃力0の場合や同じ能力を持つ場合を除き、ピクシーなどの弱小クリーチャーにすら完封されてしまう。
他の緑ファッティに比べると相手のデッキ構成に対する相性差が激しく、ピーキーな性質を持つカードである。

HPの高さを活かした大型アタッカーとしての活用がメインになる。
速度が普通なので素の殴り合いに持ち込めれば大抵の相手には1勝以上取れるし、バーン攻撃力減にも強い。
バウンスを受けないためソーサラーシーサーペントといったファッティの天敵を恐れずに戦場に送ることができる。
また緑ファッティに共通する特徴として、ゴリラを経由すれば低コストで出すことも可能。
魔力を残して待機所に緑ゴーレムがいる状況は、緑を持たない相手には脅威だろう。
サイクロプス森神で強化すれば、最後まで連勝し続けることも十分に狙える。

一方で相手が緑持ちの場合には扱いづらさが目立つ。
相手アタッカーが緑の場合は言うに及ばず、緑のサブがいるだけで一気に出しにくくなってしまう。
補助なしでは戦えないため使用効果で対応することになるが、それを読まれてカウンターを食らいやすい。
緑が見えていないからと安易に戦場に送ると、カメレオンワーエレファントの奇襲に遭うといったことも起こりうる。
しかしながら、魔力加速、卵やゴリラを交えたファッティ主軸のデッキの場合、緑ゴーレムに頼らざるを得ないシーンも多い。
そうでなくても、対緑を想定したデメリット対策は入れておいたほうがいいだろう。
ケンタウロスクラーケンなどでデメリットを消すのが最も分かりやすい。
魔力加速が必須だが、シーサーペントを重ねれば相手だけを流してしまえる。
HPの高さを活かし、ダメージ覚悟でゴブリン戦車のような高威力の全体バーンを絡めるのも悪くないかもしれない。
ただし能力消しやバーンについてはラッパ妖精1枚で無力化されてしまう脆さもあるため、あくまで非常手段と考えたい。

仙人とのコンボが有名。緑ゴーレムの効果を与えることで戦場の緑アタッカーを無敵にできる。
待機所の弱小クリーチャーを相手の強アタッカーに合わせることができれば大きなアドバンテージを取れる。
相手アタッカーが緑もしくは擬態持ちだった場合は引き分けになる。
この場合も弱小クリーチャーを待機所からどけつつファッティをやり過ごす、変異体の発動補助、といった使い方ができる。
相手が緑デッキの場合は緑ゴーレムが手札で腐りやすいので、それを活用するコンボとして有用である。
重さを気にしないならウィザードの代用としても使える。
こちらのグリフォンスカイドラゴン、相手の人魚ナーガに効果を与えるといいだろう。

かつてはケンタウロスが相棒だったが、不動も消してしまうことになり緑ゴーレムの強みを生かしにくい。
能力消しを前提にするくらいなら緑ドラゴンで十分ということになってしまう。
高ステータスで赤黒対策、不動で青対策と割り切ったほうが個性を生かせるだろう。
待機所での不動は海賊子分ナーガヤマタノオロチといったサブを狙う青カードに対する有効な対策になりうる。
ゴリラの直後を狙うサメをかわせる、墓地に置けば墓荒らしを実質無力化できる、などデメリットを逆用できるシーンもある。
しかし多くの点でメタ的なところがあり、加えて緑相手に確実に持てあます欠点は軽視できない。
自分の手札の状況、相手の出方によって出し方を変え、デメリットに振り回されないように立ち回るのが重要。
一般的な除去が難しいクリーチャーであり、相手によっては見えているだけでプレッシャーを与えられるのが強みである。

対になるカードとして赤ゴーレムがいる。おのおの色に対応したステータスだが、こちらはコストが1高い。

+ 緑ゴーレムの歴史


関連項目


意見所
名前:
コメント:
  • 不動がついて青タッチで使いづらくなったな -- 名無しさん (2015-08-25 19:47:40)
  • ステータスを減らされた下方修正が痛すぎでケンタウロスとのコンボを狙う価値が激減した印象 不動は面白いけどずいぶん弱体化したなーと -- 名無しさん (2015-08-23 13:07:16)
  • ↓これソーサレスの間違いだよな? -- 名無しさん (2015-04-27 01:40:35)
  • ソーサラーやデーモンといった手段もあるにはあるが、特にバウンスによる除去にはめっぽう強い。 -- 名無しさん (2015-04-27 01:39:42)
  • 解説有難うございます。何らかの対策が欲しいですね… -- 名無しさん (2014-03-25 22:42:07)
  • カウンターゴーレム混沌で千日手が発生するようになってから、それ以外の場合もバトルがドローになったわけですが、賛否があるルールです -- 名無しさん (2014-03-25 22:40:31)
  • ↓ver0.37の更新で「10回ずつ攻撃して決着がつかなかった戦闘は、引き分けになるようにしました。」とあります。おそらくこのルールでドローになったのだと思われます -- 名無しさん (2014-03-25 22:10:20)
  • HP13で攻撃力1の攻撃を数回受け続けたた後、バトルがDRAWになりました、情報ありますか? -- 名無しさん (2014-03-25 21:30:21)
  • こいつはちょっと強すぎる -- 名無しさん (2012-02-03 17:15:39)



添付ファイル