鬼火

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
2 3 1 先攻 ■使用効果: 自分の手札から使用効果を持たないカードを一枚選び破壊する
使用効果を持つアタッカーのHPを「破壊したカードのレベル」減らす
このカードを破壊する
使用効果を持たないカードで使用効果を持たないアタッカーを補助する使用効果を持つカード。

手札から使用効果を持たないカードを破壊して、使用効果を持つアタッカーをバーンする。
鬼火自身は使用効果を持っているため、鬼火を採用するデッキには使用効果を持たないカードを併せて採用したい。
バーンダメージは選択したカードのレベル相当になる。
複数種類のレベルの使用効果を持たないカードが手札にあれば、相手のカードに応じて火力を調節することもできる。

また、使用効果を持たないアタッカーでも仙人で使用効果を付与できるのでイニ無しでは注意したい。
苔男墓荒らしは使用効果を持たないが自身の能力で他のカードの使用効果を得ることもある。
ウーズワームは自分のアタッカー限定で使用効果を付与するので、相手の鬼火に気をつける必要がある。
これらのことはメドゥーサ石化でも言える。
逆にケンタウロスクラーケンなどで使用効果を消去されれば当然バーンダメージは受けなくなる。
イニ無しで鬼火を使用する場合はこれらのカードの可能性も考慮すべきである。
特にクラーケンは大逆転される可能性もある。
自分のケンタウロスリーダーの効果でターン開始時にバニラ化するので同時に採用する場合は注意したい。

手札から選択してカードを墓地に送るという効果にも注目したい。
幽霊ドラゴンゾンビはバーンしつつ墓地へ行き、その後復活条件を満たせる。
墓荒らしの能力源を墓地へ送るのもいいだろう。
ネズミ司祭アヌビスの条件を安定的に達成させることもできる。
ただし、このカード自身を破壊してしまう。
そのためネクロマンサーでの復活候補を墓地へ送っても、その上に鬼火がきてしまうので上手くはいかない。

鬼火自身のステータスは先攻3/1だが使用効果で待機所へは行けない。
しかし、先攻持ちとしてのステータスはなかなか優秀なのでネクロマンサーで復活するのもいいだろう。
また戦場の赤マントに合わせて出すのも手である。
待機所に行けない関係から乱発すると肝心のアタッカーが準備できていない、といったケースも出てくるので注意。
幽霊ならば次のターンに待機所に行ってくれる隙が生まれ難い。

もう一つ気をつけたい点として、一度に手札から2枚カードを失うということも挙げておく。
赤は比較的手札を減らしやすいことも含め、相手がハンデスデッキなどの場合、手札が0になることも。
スキュラを撃たれるとどうしようもなくなったりする。
また炎使い火竜などの効果にも影響するので考えなしのデッキ構築や乱発は避けたほうが良いだろう。

赤のバーンカードなので怪火の恩恵に与れる。
なお、いちおう怪火も使用効果を持たないカードだがレベル0なのでバーンダメージは0である。
待機所に出してから鬼火を使うようにしたい。
混沌は使用効果を持たないカードなので混沌自身に影響はない。
しかし反転効果の影響下であり、相手が使用効果を持つ場合などはバーンがHP回復になるので注意。

ver0.42の2014/04/20に行われた大会にて「新カード考案権」が優勝商品となった。
その大会の優勝者のukai氏が提案したカードである。
このときは、ukai氏が4種類発案し一種類をhozo氏が選択するという形を取っていた。
本wikiでもSandBoxに設置された投票で一番人気だったのがこの鬼火であった。
大会優勝者の考案カードはネズミ司祭に続く第二弾。

関連項目


意見所
名前:
コメント:


添付ファイル