ギャンブラー

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
4 3 4 普通 ■使用効果: 自分の手札の左から3枚を裏向きにして相手に選ばせる(相手から色は分かる)
それが種族を持つ場合、自分の戦場に出す
そうでない場合、相手の戦場に出す
一か一かのイカサマ賭博師。

自身の手札からカードを相手に選ばせ、それが種族を持ったカードだった場合に自分の戦場に出すことができる。
ステータスの高いドラゴン植物を直接戦場に送ることができれば、大きなアドバンテージを得られるだろう。
一方で種族持ちカードでなかった場合は相手の戦場に出てしまい、多くの場合相手を利する結果になってしまう。
ギャンブラーの効果でアタッカーを呼ぶ場合戦場を空けねばならないので、外すとほとんどにおいてライフを失うことになる。
低コストでファッティ召喚を狙う効果であり、感触はサモナーに近い。
しかし待機所のお膳立てが不要な一方で手札の条件は厳しく、使い勝手はやや異なる。
なお、戦場に既にアタッカーがいて出せない場合は、効果自体が発動せずカードは破壊されない。

ギャンブルの対象となるのは手札の左から3枚のカード。
手札の左側を3枚とも種族持ちカードにし、戦場を空にした状態でギャンブラーを使い、100%当たりのイカサマギャンブル……というのが基本的な流れになる。
カードコマンダーの手札処理の都合上、初手にあったカードが左側に残る傾向が強い。
このため、初手に種族持ちカードが多くあるなら、少し手札調整してやれば2枚くらいはたやすく集めることができる。
人魚運び屋などで調整してやれば、2~3ターンで対象カードを全て種族持ちにすることも狙っていける。
使いやすい低レベルカードも擬似的な手札調整として使える。左3枚に来たら使ってしまえばいいのだ。

手札事故覚悟で大型のドラゴン世界樹を大量に積むのも面白いが、少々不安定すぎる。
レベル3の狼男ナーガ、レベル4の苔男ケンタウロスリーダーなど、ある程度そのままで出しやすいカードも積むべきだろう。
ギャンブラーデッキには手札から捌けやすいも相性がよく、レベル4のカードを入れやすいのも嬉しいところ。
また補助にもケンタウロスバフォメットといったステータスの高い種族持ちカードを多めに採用するといいだろう。

相手の戦場にアタッカーを送ることで、戦場ロックのような結果になることもある。
イニありでや弱小アタッカーが相手の戦場に行くと、ゴブパラケルベロスネクロマンサーなどの効果を潰すことができる。
堕天使を突然押し付けられると相手は動きにくくなるだろう。
ただしあくまでギャンブルを外した時のフレーバー的なもので、実際にそれを戦術に組み込めるかは微妙。
アタッカーを相手に与えるというのは本質的には不利になりやすい行為であることに変わりはない。
確実性の低さ、相手アタッカーが戦場にいないシーン自体の珍しさなど、それ以外にも問題は多い。

ギャンブラーを含むデッキを構築する場合、ある程度種族持ちを多くした配分はほぼ必須となる。
ver0.47の時点で種族持ちカードの数は
ドラゴン族が赤4種、他各3種の計13種。
獣人族が緑6種、黒4種、他各2種の計14種。
植物族が緑7種、黒1種の合計8種。
人魚族は青のみで6種。
ゴブリン族も赤のみで7種。
ここにデーモンを加えて、合計49種である。
中でもステータスの高いカードが多いドラゴン族、植物族を中心に、獣人族や人魚族の補助を多く採用するといいだろう。
ゴブリン族を出すことはあまりないかもしれない。

色ごとに見ると、ギャンブラーと同色である青には優秀な人魚族サポートが多い。
人魚兵長を除いて戦闘能力は高くないのでメインに据えるのは少々辛いが、ある程度優先的に投入しよう。
特に手札調整の得意な人魚運び屋は必須級。
赤には竜使い赤ドラゴンがいる。ドラゴン族中心のデッキにするといいだろう。
黒には2体の超大型ドラゴンと優秀な獣人族、更に魔界樹デーモンがいる。
狼男魔界樹で奇襲したり、カオスドラゴン黒ドラゴンをデメリットを無視で召喚したり……。
同じく低コストでファッティ召喚を狙うサモナーを入れるという手もあるだろう。
緑は大本命。植物族にも獣人族にも強力なカードが揃っている。
エメラルドドラゴンがいるのでドラゴン族を軸にするのもアリ。
大型クリーチャー多めの構成にするならゴリラを一緒に入れるのもいい。

速攻を仕掛けようとすると、レベル4という微妙な重さがネックになる。
2ターン目から使うにはが必須。
手札から捌けやすいはギャンブラーと好相性なので、大量に積んでみてもいいかもしれない。
他のレベル4カードも2ターン目に出せるし、コストの高いカードが多ければ単純に魔力増加が嬉しい。
煙竜とも直接的なシナジーがある。ただし効果やコンボ主体の煙竜はギャンブラーと仲が悪いので注意。

相手に選ぶカードの色を見せるという、非常に珍しい効果を持つ。
カオスドラゴン黒ドラゴンを擁する黒はかなり選ばれづらい。
もちろんそこを逆手に取って、左3枚に種族持ちがいてもそれが黒ならギャンブラーを使う……といった考え方もできる。
このへんのブラフやミスリードはまさにギャンブルそのもの。
もちろん巨大アンコウなどで手札を見られていた場合、この手の引っ掛けは成立しない。
手札を覗かれて勝てるほどギャンブルは甘くないのだ。
ちなみにデーモンは黒として扱われる模様。あまりギャンブラーデッキに投入されることはないが。

ギャンブルカードではあるが意外と素直な効果で、使うタイミングさえ見極められれば扱いやすい。
変化が少ない左3枚のカードを参照する方式は、手札が多くなりがちな青とはマッチした仕様と言える。
一方で初手の状況やギャンブラーの引きは運によるところが大きく、それに依存していてはなかなか勝率は上がらない。
デッキ構築を工夫しても3枚とも種族持ちにできないことはあり、確率2/3を外したときのことも考えなくてはならない。
また、手札を準備してもイニ無しだと相手のハンデスヒトデで崩される可能性もあり油断禁物。
イニ有りの場合もギャンブラーで戦場に出るターンは補助等が一切ないのでバーンバウンスをモロに喰らうことになる。
攻撃力の高い先攻アタッカーなどが相手だと出せたところでどうしようもなくギャンブルにすらなってない、なんてこともある。
仮に相手の戦場にアタッカーを送る結果になったとしてもリカバーが利くような動き方をするのは最低限。
ギャンブラー自身のステータスはレベルを考えると低めだが、本人を戦わせることも時には必要である。

関連項目


歴史
+ ギャンブラーの歴史

意見所
名前:
コメント:
  • 自分の戦場に1体か相手の戦場に1体かってことでしょ 表現がウマいかは別として -- 名無しさん (2015-05-15 14:38:04)
  • イカサマで結果が決まってるから、ということでは -- 名無しさん (2015-05-14 00:16:18)
  • 一か八か、じゃないの? -- 名無しさん (2015-05-02 22:05:10)



添付ファイル