赤い煙青い煙黒い煙緑の煙の総称。
煙4種を総括して扱うページ。

レベル 攻撃力 HP 速度 能力
0 0 0 普通 ■使用効果 :自分の魔力を「自分の墓地にある(同色の)煙の数+1」増やす
このカードを破壊する
4色の煙。唯一、4色同サイズの物が存在するカードである。
効果の性質や統一性から見て、カードコマンダーの基本カードという扱いをされていると思われる。
公式のコメント欄の配置も一番下。

デッキ構成にもよるが、毎ターンクリーチャーを出していると小型クリーチャーで待機所が溢れてしまう。
よって適量の煙を混ぜてよりサイズの大きいクリーチャーを並べられるようにするのは構築の基本とも言える。

使うと墓地に行くので、1つ目は魔力+1、2つ目は魔力+2…と効果がアップする。
そのため、特に事情がない限り、同色の煙を多めに(3枚までだが)積むのがセオリー。
例えば4枚入れたい場合は、3:1の配分がいいだろう。

1ターン目で出す煙は2手目に使おうとしているカードと色を合わせた方が良いとされる。
例えば緑の煙・赤い煙・カウンターゴーレムが初期手札にある場合は、緑の煙より赤い煙から使用することが推奨される。
緑の煙からカウンゴを使用すると相手にピクシーやコロポックルを警戒させてしまう。
逆にミスマッチを突いて1色目とは違うバーンカードやワーエレファントなどを使うのもあり。


ネタ・トリビア

デーモンはすべての煙でもあるので、うまく墓地に落ちれば効果アップができる。
ただしそのためだけにデーモンを墓地に落とそうとするは割にあわないが。
敵からハンデスを食らった時にちょっとラッキー程度に考えておこう。


本来は場に出せないクリーチャーだが、なんとかして使用効果を封じれば
出すことは可能である

赤マントの効果・卵の孵化失敗・招き猫あたりが有名だろうか
念の為に言うが、煙の戦闘力は皆無なので邪魔になるだけなのでやるメリットは無い。
失敗談もしくはギャグ的な事柄である。

唯一の例外は相手の待機所に出せるサンタ。サンタ煙は定番の戦術の一つである。


混沌の影響下だと自らの魔力を減らすことになるので注意。


「壷」というあだ名で呼ばれることもある。
イラストでは壷から煙が出ているという絵なのだが、背景と煙の色が似てるためただの壷の絵にしか見えないというのがその理由。
煙を使うことを「壷を割る」と表現することもある。
もっとも左上のカード説明欄では背景が白いのではっきりわかるのだが。

関連項目


煙の歴史
+ ...

意見所
名前:
コメント:
  • 記述を整理して、歴史とトリビアに分けてみました -- 名無しさん (2016-09-16 06:24:20)
  • ↓当時はLv1で魔力を2増やす効果、つまり1減って2増えるだけ。墓地の参照もなければ、魔力0では使えなかった。 -- 名無しさん (2013-04-29 00:04:42)
  • 「壷を割る」という表現はよく使う。ver0.30以前は効果が微妙だったってどんな効果だったの? -- 名無しさん (2013-04-21 17:33:29)
  • つカード購入 -- 名無しさん (2013-02-12 01:21:00)
  • 100戦超えたのに赤の煙が一つしか手に入らない… -- 名無しさん (2013-02-11 02:48:26)
  • 1T目で出す時は、2手目に使おうとしているカードと色を合わせた方がいい。例えば緑の煙・赤の煙・カウンゴが初期手札で、緑の煙からカウンゴを使用すると相手にピクシーやコロポを警戒させてしまう。4枚積みにするときも3:1で混ぜるなど、相手にインフォメーション・アドバンテージを与えないようにした方がよい。 -- 名無しさん (2012-06-25 18:11:09)
  • ver0.30以前は効果が微妙だったため、採用率は低かった。 煙するくらいなら小型主力で戦うか、他の手段で魔力を増やしたほうがましだという定説。 -- 名無しさん (2011-12-04 13:51:22)
  • これはないだろ。 >>ver0.30以前は効果が微妙だったため、採用率は低かった。 煙するくらいなら小型主力で戦うか、他の手段で魔力を増やしたほうがましだという定説。 -- 名無しさん (2011-12-04 13:52:05)
  • ↑文章を柔らか目かつ論理性を持たせる形に変更してみました -- 名無しさん (2011-12-04 18:32:53)