ヤタガラス

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
3 3 3 普通 ■このカードが構築時のデッキに入っている場合、デッキに3色まで入れることができ、1枚少ない手札で対戦を始める(3色にはこのカードを含めない)
3色デッキを導く日本神話の霊鳥。3本足のカラス。

3本足であるのが理由か、3についての非常に特殊な能力を持つ。
レベル3にしてステータス3/3、そして、夢の3色デッキが組めるようになるカード。

構築段階で効果を発揮するカードの中でも、及ぼす影響が最も大きいカード。
対戦内に置いては実質能力無しと変わらない。しかしバニラではないため、火柱の対象外。
純粋なステータスにおいても、同じくレベル3能力なしの赤鬼青鬼に大きく劣る。
それでも色が黒なので黒の書バフォメットに耐性があることは救い。
他色の3/3よりは戦場でたのもしいハズである。
とはいえ、夢の3色デッキを組めるのに、わざわざこいつを主力アタッカーにするのは必要性は特にない。

制限はあれど、やはり2色だと夢でしかなかったコンボが実戦で使えるのは魅力的。
以下に代表的な3色コンボを挙げる。

漁師+幽霊+騎兵
 地獄蝶によるコンボとは違って、手札を維持したまま強力な魔力ロックが行える。
漁師+赤マント+墓荒らし
 赤マントの制圧力と漁師の墓地肥やしを兼ね備えた墓荒らし。ゾンビオウムガイといったお馴染みのカードも。
人魚予言者+錬金術師+デーモン
 あらゆるカードで人魚予言者が反応する。赤マントトラバサミと合わせれば完全に詰ませることさえ可能な凶悪コンボ。
煙竜++ゾンビ
 煙竜の使用効果で9枚ドロー。デーモンがいればなんと驚愕の12枚ドロー!
 若干のネタコンボ臭は否めない。

上記のような強力なコンボに頼らずとも、3色ならではの豊富な選択肢は魅力。
また、3色目を組み合わせることで弱点を補えるようなデッキも少なくない。
さらに3色デッキには首長竜シャーマンという切り札も存在する。
レベル3というバウンスしづらいレベル帯に手を出せる首長竜に、レベル2クリーチャーのステータスを倍加できるシャーマン。
さらに赤緑青の3色デッキで手札にヤタガラスがあれば、効果範囲はさらに広がる。
いずれもほとんどの3色デッキで採用を検討できるカードだろう。

デメリット効果は一見あってないように見えるが、その実なかなかに厄介な縛りである。
ただでさえ3色デッキにはヤタガラスという「お邪魔カード」が存在している。
イニなしで5枚、イニありなら4枚という初期手札はあまりに心もとない。
せっかく凶悪な首長竜シャーマンの効果も安定させるのは難しい。
ハンデスによるダメージも普通のデッキに比べて大きいし、スキュラだって2ターン目から飛んでくる。
手札を増やせる、あるいは手札が少なくても立ち回れるような何らかの工夫が欲しいところ。

最も単純なのはランプの精タコなどによる手札増強だろう。
ヒトデで両者の手札を均等にしてしまうのも良い。
雪女で時間を稼いでみるのも面白い。ターンを重ねるほどに手札の差は気にならなくなっていく。
デッキは制限されるが、ハイランダーを入れて効果を打ち消してしまうという手もあるだろう。
あるいはいっそ地獄蝶を使ってしまうのもアリ。
幽霊を落とすのは2色デッキに比べると苦手だが、ウミガメトラバサミを持ってくるのに使うなら問題なし。
手札の右端をネクロマンサーで復活させる戦法も2色デッキと変わらず使える。

対戦開始時、右上に浮かび上がるヤタガラスを見たことはないだろうか。
これは対戦相手がヤタガラスデッキであることを示す演出。カードコマンダーのやり過ぎによる幻覚ではないのでご安心を。
ちなみにヤタガラスを使っているかどうかは画面中央にカーソルを合わせることでも確認できる。
要するに、ヤタガラスを使っていることは対戦開始時からバレバレであり、その時点で既に情報アドバンテージを握られているということ。
せっかくの首長竜シャーマンも、読まれてしまうことは珍しくない。
なお、この演出は3色デッキでなくてもヤタガラスを入れていれば発動する。これは手札-1効果も同じ。
これを利用して、3色デッキでないのに3色だと勘違いさせる「引っ掛け」も一応は可能である。
3色デッキだと思い込んでいる相手に各種王カードなどぶつけられれば意表は突けるだろう。
意表を突く以上のことは難しいが。

3色でデッキを組んだのちヤタガラスを抜くと当然ながらCPU対戦も対人戦も出来ない。
ただし、ヤタガラス抜きの3色デッキと対戦は出来る。
ヤタガラス抜き3色デッキのデッキ番号と対戦すれば、夢の制限無し3色デッキをCPUが使ってくる。
また、これを使えばHP0のカードと卵のみでデッキを構成して、絶対に戦場に出てこないサンドバッグデッキを作ることも可能。
カードの挙動を確認したい時などに利用するといいだろう。

制約は存在するものの、3色デッキを可能にしてくれる夢のようなカード。
度重なる強化とユーザーの研究により、今では十分に強力なデッキも組めるようになった。
組めるカードのバリエーションは非常に豊富であり、いまだ研究されつくしていない部分も多い。
豊富な選択肢を使いこなし、ぜひ自分だけのコンボを見つけてほしい。

関連項目


歴史
+ ヤタガラスの歴史

意見所
名前:
コメント:
  • ver0.46の魔力制限あり(手札にあれば魔力1からスタート)が一番バランスが良かったと思う。3色は基本的に浪漫デッキだから、そのくらいの制限があって然るべきですよ。 -- 名無しさん (2016-07-11 18:58:00)
  • ver0.52の変更内容を適応しました。しかし、効果が大幅に変わってしまったため、本文までは書けませんでした。旧仕様の文章はとりあえずregionでたたんでおきます。不必要であれば非表示や削除等お願いします。 -- 名無しさん (2016-01-05 14:53:49)
  • 3色デッキ強くなりすぎかな?その効果があってもなお最弱だよ。実際3色デッキ使っていた人のほとんどがレート1300~1500だった -- 名無しさん (2015-09-30 20:42:03)
  • 3色デッキが強くなり過ぎ「対戦開始時の手札にこのカードが無い場合、魔力0で対戦を始める」の効果は要らない。元の仕様に戻すべき -- 名無しさん (2015-09-15 18:44:47)



添付ファイル