アーチャー

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
3 2 4 普通 ■使用効果 : アタッカー1体の攻撃力を「自分の魔力+1」減らす
自分の魔力を「減少させた攻撃力」減らす
持てる魔力の限りを使い、相手を無力にする弓矢使い。

ver0.30で登場した緑版マジシャンと言えるパワーダウンカード。
魔力さえあればどれほど強力なアタッカーであっても無力化できる。
魔力が十分に溜まれば、このカードの存在は相手にとって大きなプレッシャーになるだろう。
緑系デッキの切り札となりうる能力の持ち主。

マジシャンと比べた際、どれだけ魔力を溜めて放っても使用効果だけでは倒せないという点が劣る。
焼き切れれば即破壊できるマジシャンと違い、こちらの効果はラッパ妖精などでカウンターされる可能性がある。
こちらにアタッカーがいない、もしくはバーン等でHP0にされてしまったときに引き分けにできないのも短所。
利点は緑の得意分野である、魔力増加とのシナジーの高さだろう。
赤では魔力加速カードが錬金術師くらいしかないのに対し、緑は様々なカードで大きく魔力を稼ぐことが可能。
比較的簡単に高威力を出せるのは便利と言える。
また、相手を傷付けずに無力化する効果はワーライオンとの相性が良い。
場合によっては味方に使ってカウンターゴーレム対策にもなる。
ver0.37で登場した新カード変異体の補助としても良い。引き分けることもターンが延びることも変異体の望むところ。

スカされて自分のアタッカーに誤爆した場合、どんなに大当たりしても死にはしないのも地味な長所。
相手アタッカーが不在なら不戦勝を勝ち取れることになるので、接戦の時には嬉しい仕様である。
もちろん相手アタッカーの有無に関係なく、相手の使用カード次第でドローその他に終わる可能性はいくらでもあるが。

調子に乗って大型アタッカーの攻撃力を削ると、次のターンに魔力が足りなくなるので注意。
使ったときに減らせる攻撃力の値、使った後の魔力はしっかり把握しておきたい。
シーサーペント火竜など戦場リセット&ファッティなどには、魔力不足で打つ手がなくなることもしばしば。
確かに強力な効果ではあるが、基本的に大振りであることは頭に入れておこう。
この辺りはマジシャンと変わらない。

また、戦場に混沌がいる場合は、攻撃力が魔力分増加するが魔力は0になる。
これもマジシャンと同じなので混沌相手には少々気を付けたい。

中盤での魔力増強手段があるなら入れることを検討したいカードである。
他の緑のパワーダウンカードである狩人天狗と、デッキに応じて使い分けよう。

関連項目


意見所
名前:
コメント:


添付ファイル