蒐集王

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
2 2 2 普通 ■使用効果: 自分の手札が全て青の場合、好きなカード1枚を手札に加える
◇コンプリート記念カード
何処からともなく手札を蒐集する青の王。

コンプリート記念カード。ver0.47時点で207種類必要。
更新で新しいカードが出ても、既に持ってるこのカードが無くなったりはしない。
読み方は「しゅうしゅうおう」 。

全てのカード(デッキに入っていないカードも含む)の中から1枚を選択して、手札に加えることができる。
7ページにも及ぶずらりと並んだカードの選択肢は圧巻。
発動には条件があり、自分の手札が全て青である必要がある。
蒐集王の使用効果を利用する場合は、他色の枚数を抑えてデッキを組むことになる。
青は単色では融通が利きにくい色なので構築の難易度は高め。
女海賊巨大アンコウヤマタノオロチのように相手の手札が自分の手札に混じるようなカードは注意。
他色のカードが混ざって効果発動の邪魔になってしまうというようなケースがある。
青単体で導入できるコンボとしてはシスター雪女漁師スカイドラゴン海賊親分カニナーガ等が有効か。
青に頼りきった戦略ではなく、他色のカードを効果的に導入することを考えたい。

引っ張ったカードが使えるのは次のターン以降なので、展開が遅れがちになるのが欠点。
単純に戦闘要員を引いてくるほど悠長に構えていられるケースはほとんどない。
即効性のあるカードを引くのが基本的な運用方法だろう。
スカイドラゴンケルベロスのような1手で戦場に出られるカードを引くと、遅れをカバーできる。
スカイドラゴン手札効果は消費魔力が1なので総コスト3で待機所に出せる。
踊り子を利用するという手もあるかもしれない。
どうしてもコンボに使うカードが1枚足りない、もしくは色制限で入れられないといった場合に採用するのもいいだろう。
1ターンを犠牲にして必要なカードを揃えるといった考え方もある。
この場合は遅れを取り戻すだけのコンボのパワーが必要となってくるだろう。

あまりに選択肢が広すぎて、どのカードが有効なのか判断するのが難しい。
特に対人戦では30秒しか時間がなく、その制限時間内にカードを選ぶことすら苦労することも。
自身のデッキコンセプトからある程度引きたいカードを絞っておくことが必須と言える。
その上で相手の戦い方に合わせて選択肢を有効なカードに広げられればベスト。
一撃必殺となるカードを引き抜くことができれば非常に楽しい。

他色のカードを青デッキの中で活躍させるのが目的なら、1ターン目から使える探検家で事足りることも多い。
効果としてはかなり大振りであり、考え無しに使っても不利になる一方である。
サーチカードとしては最強を通り越して変態的な効果なので、それを如何に活かすかが腕の見せ所だろう。
相手のデッキ傾向を読み切り、致命的に刺さるカードや対策カードをその場で呼び込むために使うのも手だろう。
この場合も当然広いカード知識が必要になるが、デッキ27枚で全てをカバーするのは難しいため有効に活用したい。
ヤタガラスデッキのように3色を用いたコンボも狙えるが、発動条件を考えるとロマンの域は抜け出せないか…
人魚予言者デーモンを組み込んだデッキで錬金術師を引くのはなかなか夢がある。
デーモンなら手札でも邪魔にはならず、核となるので相性はいいので考えてみるのも悪くない。

記念カード全般に言えることだが、手札が1枚しかない場合に使用すると「手札が0=青ではない」ため発動しない。
相手のハンデスには注意。とくに夢魔白虎のあとに手札に来たからと言って直ぐ使っても効果が発動しないので。
他、イニ有りサンタリッチで青以外のカードが入れられる、リッチやワシを使用された後なども発動できなくなる。

条件をクリアしても1枚しか手に入らない。
ver0.30より導入されたカードの売却・購入システムを利用して3枚集めよう。

関連項目
―記念カード
  • 征服王… 対CPUレーティング1751記念カード
  • 撃墜王… 対CPU全員勝利記念カード
  • 長寿王… 100戦記念カード


歴史
+ 蒐集王の歴史

名前:
コメント:
  • CPUに蒐集王を使わせると常にイソギンチャクを持ってくるみたい -- 名無しさん (2013-06-12 06:18:13)



添付ファイル