溶岩魔人

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
3 4 3 普通 ■使用効果(消費魔力1): 相手のライフを「自分の待機所にいる溶岩魔人の数」減らす
相手のライフを直接減らす能力を持つカード。カードコマンダーでは希少な能力。

戦場を無視してライフを削れるというのは大きな特長であり、主に戦場が膠着した場面で真価を発揮する。
戦場を膠着させる手と言えば雪女。それをメタれる数少ない存在として有名だったがそれだけではない。
有効活用するには、膠着させる(してしまう)戦術と組み合わせることである。

1枚だけでは効果が出ない。
数を集めるほど威力は上がり、3回連続で撃つとダメージ量はすごいことになる。
しかし、さすがに3枚も手札に揃えるのは難しいので工夫が必要になる。
もっとも使われるのはデーモン
待機所に置けば溶岩と同じようにダメージ計算されるため数増しになる。
デーモンを出した時点では溶岩を打つとばれないのもメリット。

デーモン以外の方法としては
ミミックで数を増やす
コロポックルで数を増やす
探検家でサーチ
蒐集王で手札に加える
など

ただしこれらは赤単(デーモン基盤)での運用に比べると
・溶岩魔人を直接並べるためバレバレなこと
・かつ悠長に手になりがちなため対策されやすいこと
・戦場を膠着させる手段に乏しいこと
など、安定性に欠ける。
特に現環境ではコボルトビホルダーといった待機所対策カードも多く、溶岩魔人は真っ先にそういったカードの対象となる。

溶岩魔人のように同名カードを参照するカードには忍者原住民がいる。
どちらも「アタッカー」の名前を参照する点が溶岩魔人と異なる。
忍者デーモンを共用できるので、組み合わせることが容易と言える。
逆に原住民は緑であるためデーモンと入れ替えになる。
相性抜群のコロポックルや試合を長引かせるスフィンクスなど緑にも溶岩魔人と仲のいいカードはいるが、
溶岩魔人と原住民の間にシナジーはない。同時採用する必要は薄いだろう。

戦場が混沌の影響下だと相手のライフを回復させてしまう。
速やかに除去しなければならない。

ゲームが長引きやすく、自然にデーモンを入れられる赤単に投入されることが多い。
注意したいのは一撃必殺を狙いすぎないこと。
つい2点以上を一気に奪うロマンを追いたくなるが、待機所に大量のデーモンや溶岩魔人を集めるのは骨。
むしろ溶岩魔人は、最後の1点を削り切る詰めのカードとして優秀なカード。
溶岩魔人のためにデーモンを待機所に温存して戦闘で負ける・・・なんてことになれば本末転倒である。
柔軟なプレイングを心掛けたい。

関連項目

-相手のライフを直接減らすカード
  • 力石(待機効果で勝利時に相手のライフ-自分のアタッカーの攻撃力÷10)
  • イフリート(勝利効果(消費魔力1)で相手のライフ-1)
  • カオスドラゴン(自分のライフ-1→相手のライフ-1→自分のライフ-1)


歴史

+ 溶岩魔人の歴史

意見所
名前:
コメント:
  • 「手札に加える」にしました。ありがとうございました -- 名無しさん (2013-01-20 19:43:03)
  • ↓英単語じゃなくていいなら「手札に加える」は? -- 名無しさん (2013-01-20 18:21:48)
  • ↓編集した者です。じつは「ドロー」という表現もしっくりしてないのですが、「サーチ」も本来「探索する」という意味だと思うので違和感を覚えます;ちょうど良い表現方法がほしいです;; -- 名無しさん (2013-01-20 14:06:41)
  • 蒐集王でドローという表現に違和感を感じる。サーチじゃいかんのか? -- 名無しさん (2013-01-20 13:36:22)



添付ファイル