バフォメット

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
4 5 4 普通 獣人族
■使用効果: 黒ではないアタッカーのHPと攻撃力を2減らす
自分の手札が7枚以上あり、全て黒の場合、代わりに4減らす
黒への補助と戦闘の両方をこなせるマルチクリーチャー。

黒でないアタッカーの攻撃力とHPを2減らす。
黒の書バーン強化版。ハンデス能力は無い、念のため。
低レベルのアタッカーを無力化し、ファッティを中堅程度の能力に弱体化させる。
自分のアタッカーが黒で相手のアタッカーが黒でない場合は非常に強力に働く。
ステータスもそこそこ高く、自身もアタッカーとしても活躍してくれる。

黒のアタッカーをサポートしつつ、次の戦力を待機所に送るようなプレイが理想。
バフォメットを使用したターン、戦場に送ったターンの両方で勝てればコスト対効果は十分である。
相手が使ってくると嫌らしいと感じることもあるだろう。
踊り子と組み合わせると、ステータス低下を回避しつつバフォメットを戦場に出せる。
シナジーはあるが、コンボのパワーとしては黒ドラゴンに劣る。

相手が黒の濃いデッキだといまひとつインパクトに欠けるのが最大の難点。
黒を採用していないデッキでもカメレオンが来る可能性がある。
他にイニが相手ならお決まりの森神ガーディアンなど。
こちらがイニ有ならラッパ妖精イソギンチャクなど、カウンターカードに気をつけたい。
また、黒以外の自らのアタッカーにも作用するため、黒以外が主力のデッキでは出す機会がなくなることも。
コストの高さもあり、単純にバーンとして運用するには回しづらい。
アタッカーとしての強さを期待してこそのバーンカードだと言えるだろう。

黒を含まない相手に対してはかなりの影響力を発揮する。
運に左右されやすい効果の多い黒の中において、比較的安定した使い勝手が魅力。
相手のプリンセス霊媒に能力をコピーされても、アタッカーが黒なら損害が出ないのもありがたい。
サメでもそうなのだが、戦力としては奪われるのは少々痛い。
ロックデッキに挿しておけば、ロックするのが難しそうな場合に普通に戦う方向にシフトすることもできる。
序盤から終盤まで1枚で使えるので、パワー不足のデッキに入れてみるのも良いだろう。

ver0.31で大幅強化。攻撃力が1上がり、手札が黒単の場合に効果が2倍になるオプションがついた。
攻撃力とHPが共に4減るとなるとほとんどのアタッカーは無力と化す。
黒メインのデッキでの運用が一般的であるバフォメットにとって、この変更は大きい。
撃墜王とのシナジーも発生し、より影響力が増したと言える。
だが強すぎると判断されたのか、ver0.35で手札7枚以上という条件がついた。
黒単でこの条件はかなり厳しい。
手札が7枚以上というのは、使用するバフォメット以外に7枚つまり計8枚以上ということ。
とくに黒は手札増加が苦手でむしろ手札破壊の方が得意…
狙うならアヌビスを入れるか、単色が崩れるのを覚悟で青を混ぜるか。
これらを利用しない場合、試合開始時に後手でも2ターン手札を温存する必要がある。
そのため、何らかの方法で戦場を膠着させる工夫がほしい。
たまたま手札が黒だけになったときのボーナスと思った方がいいかもしれない。

ver0.43にて獣人族になった。
待機所にケンタウロスリーダーが居れば、ターン開始時にHP+3の恩恵を得られる。
バフォメットは獣人族の中ではステータスの高いアタッカーなので活躍出来るだろう。
さらに黒の獣人族ハーピーアヌビスはバフォメットの補助が活き易い。
また、相手のケンタウロスリーダーに対しては、能力消去を免れるので補助を安定させられる。
素のステータスはイニ有りならケンタウロスリーダーに勝てるし、攻撃力3なのでバフォメットの効果が効く。
アタッカーとしても補助としても最大限に活用していきたい。

関連項目


意見所
名前:
コメント:
  • アヌビスを使うと容易に条件を満たせるので、バフォメットを適当に使った後アヌビスで回収して使いまわすと強力。 -- 名無しさん (2013-07-18 20:08:11)
  • 黒の書にはオマケみたいなのでもハンデスがあるから単純に強化とは言えないけどね -- 名無しさん (2012-01-07 09:43:35)



添付ファイル