マグマ男

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
3 6 5 普通 ■使用効果(消費魔力1) :自分のデッキが0枚の場合、相手のライフを1減らす
このカードを自分のデッキの一番下に移す
ときにデッキの底へと還る赤の大男。

レベル3としてはかなり大きなステータスだが、普通に使おうとすると即デッキの底に潜ってしまう。
消費魔力の効果がデメリットという珍しいカード。
一見するとどう使えば良いのかわからないクリーチャーであるが、主な使い方は次の三つである。

1.使用効果を発動させないようにして出す
使用効果が消費魔力1なのを利用して、魔力がちょうど3の時に使用すればそのまま待機所に出せる
1ターン目に何もしなければ2ターン目は魔力が3なので、その時に出せば非常に強力。
一度場に出しさえすればもうデメリットは気にしなくていい点が優秀。
出してからのケアが面倒なミノタウロス堕天使とは性質が違う。
ただ2ターン目に出すと3ターン目が必然的に魔力2なので、マグマ男を補助するカードを使いにくいのが難。
例えば他のレベル3なら容易な、初手煙からの3ターン目に翼竜で先攻を貼りながら戦場に送るということができない。
序盤からこいつを瞬殺する手段はそうそう無いので、何とか次のターンの強化を狙おう。
あるいは、相手がマグマ男の除去に手間取っている間に、次の準備をするといい。
と露骨に相性が悪く、中盤以降出すことはかなり難しくなる。
イニ無しで相手に使い魔を出されるとマグマ男は出ないわ魔力は1つ減ってるわで泣きたくなる。
魔力増加量が3になった頃にマジシャンで魔力を使い切った場合などにアタッカーとする手もある。
赤マントと併用すると言う手もある。
水先案内人と言う手もあるが、それならもっと適任がいる気がする。
一度場に出したなら、ミミックネクロコロポあたりで増やしてもいい。
負けそうになったら錬金術師で魔力にしてしまうのも手。地味にデッキ切れ対策にもなる。
ネズミ司祭の待機効果が機能している状態なら安定して出せる。

2.弩兵の「弾」
上記の通り中盤以降腐りやすいこのカードだが、弩兵のいわゆる「弾」という使い道がある。
しかしコストが4と重い上、戦力も増えない。
純粋に弩兵の効果発動のトリガーとしかならず、弾としての性能自体はイマイチ。
序盤に出せず手札で腐ったマグマ男の別の活用程度にとらえるのが良いだろう。
色が同じなのは嬉しいが弩兵デッキだからと言って単純に3積みするものでもない。

3.デッキ切れ対策
デッキデスへの対抗手段が少ない赤において、露骨にデッキデスのメタになるマグマ男の効果は貴重。
魔力4さえあれば、デッキ切れを回避した上に毎ターンライフ1バーンが行える。
ライフを直接減らす効果は非常に強力で、ライフ優勢からならほぼ確実に勝利をもぎ取れる。
漁師などでデッキを大きく削るデッキに保険として投入してもいいかもしれない。
深海魚と比較すると、プリンセスに対応できる点やアタッカーになれる点で優れているが、サメで無力化する点や残りデッキ0の時以外使えない点で劣る。

手札にあるのがバレている場合、魔力4以上で催眠術師に強要されることがある。
読むことが出来るなら、催眠術師に合わせて魔力を使い切ってしまおう。

また、効果が発動すると待機所の人魚予言者の予言がマグマ男に変更されることになる。
基本的に嬉しくないことなので注意しよう。

余談であるが、緑の色違いの苔男にはツノがない。
ピンクの単眼であることからしても元ネタはあのモビルスーツなのだろう。

関連項目


歴史
+ マグマ男の歴史

名前:
コメント:
  • 弩兵デッキの影のエース -- 名無しさん
  • 何かマグマ男最初の文章詰め過ぎじゃない?他と合わせた方がいいと思うけど -- 名無しさん
  • 水先案内人は強化されたから あえてこいつを出すことはなくなったね -- 名無しさん


添付ファイル