ゴブリンライダー

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
1 2 1 普通 ゴブリン族
■待機効果 :自分がゴブリンカードを使用するために必要な魔力が1減る
自分のゴブリンは戦場に出る時に攻撃力が1増える
ゴブリン族を勝利へ導く先遣隊長。

ゴブリン限定の尖兵+コスト減少効果。
もともとゴブリンは低コストなのでコスト減少はそれほど効果がないように感じる。
しかし、ゴブリンを主軸にしたデッキでは、ターン経過とともに確実にジワジワと効いてくる。

攻撃力+1の効果はゴブリンメイジ使用には嬉しい補強であり、ゴブリン王と組み合わせれば攻撃力5、6を優に超える。
低レベルを出し続ける速攻は大型相手に立ち回りにくいという欠点がある。
だが、ライダーの毎ターン魔力を1節約する効果は低レベルゴブリンと相成って魔力が非常に溜まる。
朱雀等をある程度デッキに入れておいて劣勢になったら出すというのも有効。

初ターンに引ければ魔力増強、戦闘力増加のお得なカード。ゴブリンデッキを組むのが前提になるが。
初手ライダーからパラシュートなり戦士なりを展開し、メイジで補強するのがゴブリンデッキの王道的な立ち回り。
ゴブリンデッキは低レベルなのでバーンバウンスに対する弱さがやや気になる。
ただ、途中で潰されても魔力の浪費が少なく、サブも切らさないので立て直しやすいのが魅力。
相手が初手にミイラ等、普通に倒すと厄介なクリーチャーを出して来た時は、いきなり戦車で割ってしまうのも良い。
待機効果持ち且つライダー自身のステータスは弱いのも相まって待機所にいるのが基本。
だが、ライダー自身もゴブリン族なので手札によってはライダー自身を戦闘に向かわせ意表をつく展開も奇襲になる。

混沌に対しては、魔力消費量減少効果は有効に働くが、攻撃力増加効果は反転してしまう。
結果、使用効果は利用出来るが、待機所のゴブリンは弱体化してしまうので立ち回りに注意が必要になる。
やはり混沌が出てくる前に戦況を整えるような速攻戦術が最良策かもしれない。
人魚マダムの標的にされやすいので、メイジで上手く切り抜けたいところ。

ちなみに、以前は「Lv2先攻持ち3/2で勝利効果で先攻を失う」「Lv2 3/2で勝利効果で先攻を得る」。
いろいろ経て、サイズダウンし魔力コスト減効果と尖兵効果を得てver0.24で現在の形に落ち着いた。

地味にデーモンもゴブリン族として扱えるのでお得。
カメレオンではライダーの恩恵を受けられないのが残念。

関連項目
―ゴブリンズ


意見所
名前:
コメント:
  • コスト減少と強化とまとめに分けました。 -- 名無しさん (2011-12-22 16:46:42)



添付ファイル