マジシャン

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
3 4 2 普通 ■使用効果: アタッカー1体のHPを「自分の魔力+1」減らす
対象のHPが0以下になった場合、対象のアタッカーを破壊する
自分の魔力を「減少させたHP」減らす
持てる魔力でキッチリ焼き切る炎の魔術師。

ver0.25から実装された強力なバーンカード
魔力次第では玄武世界樹すら一撃で灰に変える。
切り札と呼ぶにふさわしい潜在能力を持つ一品。

見習い魔女炎の魔女らと同じく、即時破壊効果があるのも大きな長所。
このため敗北効果持ちワーライオンなどに非常に有効である。
一部の戦場効果も破壊すれば発動しないものもあり、カウンターゴーレムなどにも有利。
イニ有で使えば相手がカウンター狙いのHP増強のカードも無意味に出来る。
使う場合はマジシャンのレベル分、魔力=火力が減ることを計算した上で発動させよう。
なお「魔力+1」がダメージ量なので、魔力が0になっても最低1ダメージは入る。

消費魔力は「減少させたHP」分なので、無駄に魔力を使い過ぎない省エネカード。
とはいえマジシャン自体の分だけで魔力を3使うので、決して安い手段とは言い難い。
HP1なら見習い魔女、HP2なら炎の魔女の方がコスパは安い。ご利用は計画的に。
逆にファッティを破壊するには大量の魔力が必要だが、それでもHP10を焼き切るのに必要な魔力は12。
玄武一発で達成できる値である。
他にも緑は魔力補充カードが豊富なので、マジシャンを使うなら赤緑でデッキを組むのが一番だろう。
また怪火を併用すれば当然コストは下る。

ver0.30で赤の魔力加速カード錬金術師が登場したため、緑に頼る必要性がかなり下がった。
赤青で投入することも充分可能に。それでもエルフドルイドの爆発力は魅力的だが。

の仕様も変更され、緑以外でも後半の魔力補給の機会は増えたと言える。

注意点として、破壊効果は頑丈で阻止されてしまう。ダメージは通るが。
無効一時無効を貼られた場合に自分アタッカーに誤爆すると戦況も魔力も危なくなりがち。
とくにイニ無しで使用する場合は、これらの可能性を充分に注意したい。
また、アタッカーを破壊してもゴブパラネクロマンサーなどで強襲されることもある。
イニ有りで使う際は、これらの戦場に出てくるカードに注意したい。
とくに竜使いの待機効果でドラゴン族が出てくる可能性がある場合は要注意。
相手アタッカーを破壊した場合はもちろん、スカされて誤爆すると取り返しが付かない事態に。
他、破壊効果は炎馬の手札効果の発動のキーになる。

ちなみに『自分の魔力を「減少させたHP」減らす』効果は混沌で反転しない。
厳密に言うと、反転処理自体はきちんと行われるのだが
  1. 魔力消費に関する記述が『自分の魔力を「減少させたHP」"増やす"』に反転する
  2. しかし実際は、ダメージ反転によりHPは逆に増加するため「減少させたHP」は負の値を取る
    例えば対象のHPを5増やした場合、「減少させたHP」は-5になる
  3. よって魔力を-5増やす=5減らすことになる
結果として混沌がいない時と同じ挙動になる。魔力も増えて一石二鳥なんてことは起きないので注意。
もちろんアーチャーでも同じ結果になる。

関連項目


意見所
名前:
コメント:
  • たまにゴブパラが降ってくる。即時破壊全般に言えるけど。 -- 名無しさん (2012-03-06 13:41:19)



添付ファイル