赤鬼

画像 レベル 攻撃力 HP 速度 能力
3 6 4 普通
いわゆるバニラクリーチャー。特殊能力を何も持たない分ステータスが高い。

だけに攻撃力の高さはもちろん、赤クリーチャーとしてはなかなかのタフネスを誇る。
相手の攻撃を受けて殴り返す、火竜の首などバーンで相手もろとも焼いて残る、などが基本戦術。
レベル3で能力無しなので失っても懐が痛み難く相手が処理に戸惑ってる間に後続を準備してもいい。
バニラということで、火柱先攻を付けることもできる。
火柱とこの赤鬼はどちらも赤カードなので組ませやすい。

…強いことは強いのだが、実際の採用率は極めて低い。
やはり特殊能力なしは地味なのである。
どうせバニラならサソリなどレベル1の方が、シャーマンで超強化できる。
など経済的にも戦略面でもお得なのも理由だろう。
赤ゴーレムなども殴りオンリーだが、こちらは攻防共にトップクラスの大物なのでまた別。
ちなみに素出しだと、レベル3バニラで唯一レベル1バニラに引き分ける、イニシアチブ有が勝つ。
他のレベル3バニラは同条件でレベル1バニラには負けない。赤鬼対サソリのみ。
サソリ錬金術師の燃料として着目されているが、こちらは燃料としては効率が悪い。
赤でバニラの割にステータスが飛び抜けていないのも痛い。
ゾウみたいに極端さがあるならピクシーとの恩恵も大きいが…

ver0.37で火柱に能力が追加され、赤鬼は攻撃力が10を超えやすくなった。
同時にver0.37で登場した新カード力石が攻撃力÷10で相手のライフを減らしてくれる。
バニラ火柱の組み合わせで力石の待機効果を一番発動させやすいのは赤鬼だろう。
また、ver0.37で登場した新カード緑眼はバニラ推奨カード。レベル3の赤鬼なら3枚ハンデスも可能。
これらのカードと組み合わせると「特殊能力を持たない」と感じさせないような活躍も出来なくはない。
など、ver0.37では地味だったバニラ救済の調整が多く行われ、その恩恵を受けた一枚と言える。

ver0.41で修正。攻撃力5→6に。
赤らしい頭でっかちさが磨かれた。

ともあれ、使う場合は過信し過ぎず、他のカードでしっかり援護すべきだろう。
植物使いなどでHPを補強したり、火の鳥ネクロマンサーで繰り返し暴れさせるのがいいかも知れない。
赤にしてはHPが高いのでバーンと組むのも良いだろう。

関連項目
4色のレベル3バニラ  


意見所
名前:
コメント:


添付ファイル