動物探偵団の事件簿


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※とりあえずの暫定版です。1年放送っぽいのでクール毎に分けるのがいいと思います。
 また、記述の際はストーリーを全て書くのではなく、要点を簡潔にまとめるスタイルでお願いします。


第1話:「キルミン・フォーゼ、しちゃった!?」

リコリムが、屋根裏部屋に迷い込んだ猫のライラをさがしているうちにキルミンを発見。それを使って初めてのキルミン・フォーゼを行い、それぞれ猫と兎の着ぐるみ形態(キグルミモード)となる。
その姿はケンタマオに目撃されてしまう。

第2話:「わたしがイヌって……ホント!?」

キルミン仲間を増やしたいというリコリムの陰謀(?)によって、ナギサが初めてのキルミン・フォーゼを行い、犬の着ぐるみ形態に変身する。更に動物形態(アニマルモード)に変身出来るようになる。

第3話:「ノラネコに恋されて!?」

春は猫たちの恋の季節。前話でリコと遭遇したブサネコが、リコを恋(?)の相手に選び、つきまとう。リコは迷惑がりながらも、人間と動物の種族的な「壁」について考えるようになる。
一方、カノンケンに対する種族を超えた恋が芽生える。

第4話:「誰でも変身、できないの!?」

動物に変身できるリコリムの秘密を探るべく、ケンタマオが御子神家に侵入する。
そこで見つけた鼠と鶏のキルミンアイリス登録と音声登録を行い、ケンは鼠の着ぐるみ形態へと変身を遂げる。しかし、タマオは何度やってもエラーで弾かれてしまう。
猫のキグルミモードのリコが鼠のキグルミモードのケンを食べようとするというお約束のネタも展開。

第5話:「追跡!まろちゃんを探せ!?」

ユカリの飼い猫である「まろちゃん」が脱走してしまい、それを探す話。
ヒーローものにありがちな(?)コードネーム「キャサリン」「ピョン」「ポチ姉」はここから。
猫特有の仕種や習性が最も発揮された。

第6話:「恋のキューピッド作戦!?」

神浜市のお祭りにやって来た三姉妹が牙組の起こした騒ぎにまきこまれる話。久しぶりにパルスが登場。ナギサが恋にときめく場面が多々。
パルスは牙組の雑用係であるがアメリカバイソンのアニマリアン因子が発達した「けいこりん」を言葉だけで止めるなど、その力は未知数。
因みに、リコリムはアメリカバイソンの誘導を除いてはあまり活躍が無かった。

第7話:「神浜峠でゾウを見た!?」

神浜峠に野生の象が出現したり、チーターと併走したりと街は大騒ぎ。その頃、リコリムは些細なことで喧嘩をしてしまっていた。それで意地でも仲直りしようとはしない2人。学園ではチーターと象の目撃談で持ちきりとなっており、ケンが代表してタマオ、リコ、リムと共に調査をすることに。その真相はアニマリアン牙組のメンバーが息抜きに暴れてただけなのだが、リコ達の先手を売った羽鳥親子の隠蔽工作によってその正体はばれずにすんだ。
また、パルスが神浜峠の洞窟にて棺が引きずられた後を発見する。一体、誰が眠っていたのか……?
神浜警察署のアニマル課が発足したのもこの話から。

第8話:「学園七不思議を暴け!?」

新聞部のリムは、カトレア学園七不思議の取材のためにリコケンタマオとともに深夜の学校に侵入した。そこで彼らはゴリラのような謎の怪物と遭遇する。これこそが学園七不思議最後の謎「時計塔の怪人」なのか。
その後、その怪人はパルスと遭遇し、戦いとなる。狼に変身したパルスとコウモリに変身したカノンによって怪人は撃退されたが、その怪人は防護服に身を包んだ謎の集団によって回収されていった。パルスたちにとっても怪人や謎の集団の正体は不明らしい。

第9話:「屋根裏の白い恐怖!?」

リコ達は、ネズミは「害獣」であり、猫は「益獣」であるということを授業で習い、そのことでケンはリコにからかわれてしまう。その日、帰宅したケンは中華飯店への使いに行き、その道中で「白い神様」のおかげで店からネズミがいなくなったという話を聞く。店の裏口で足を怪我したネズミを見たケンはそのネズミのことがどうしても気になって、キルミンを使って中華飯店の屋根裏の調査をはじめた。そこに住み着いていたのはなんと脱走したペットの白蛇で、ケンに命の危機が迫る。かけつけたリコとリムの活躍によりケンはなんとか助かるが、今話でのケンはネズミに過剰な同族意識を持ち、アニマルモードに完全変身した後は人間としての自我が薄れていくような危険な兆候が垣間見えた。
キルミン三原則が発見されたのはこの話から。

第10話:「もんもんモンキーパニック!?」

学校の遠足で山に写生しに来たリコ達。その前日、母から「山は他人の家に勝手に上がりこむようなものよ」と聞かされる。一方、ケンに夢中なカノンは、ミサから命ぜられていたタマオを誘惑する計画を仲間の「牛島ケイコ」におしつけ、ケンを振り向かせるための様々なアプローチを開始する。そんなとき、リコとリムのお弁当が山に住むサルに奪われ、なぜかカノンまで巻き込んだお弁当奪還作戦が開始。リコとリムは猿を追っているうちに、山の裏側がリゾート開発のため切り崩され、動物たちの食べ物が減ってしまっていることを知る。二人はお弁当を取り返す代わりに、キルミンの能力を駆使してサルたちのために山の食べ物を集めてあげた。

第11話:「暗闇でドキドキどっきり!?」

アニマリアン革命を目指す羽鳥ミサは御子神家と因縁があるらしいが、娘のカノンにもは深く語ろうとはしない。気になったカノンは御子神家の秘密を探るべく、クリスマスパーティーの準備をしている御子神家にケンタマオとともにお邪魔する。一方、リコはパーティーの準備作業中に家の中でキルミンをなくしてしまっており、突然のカノンの来訪に狼狽する。もしもカノンがキルミンを先にみつけてしまったら秘密がばれてしまうかも… 秘密を守ろうとするリコと秘密を探ろうとするカノンの緊張感あるやり取りが本話の魅力。結局はカノンはリコのキルミンを先に発見してしまうも、ただの玩具だと勘違いしたためにギリギリのところで秘密は守られた。一方その頃、ナギサパルスとのデートを突然乱入してきたパパに邪魔されてご立腹であった。

第12話:「ラッキーサインの謎を解け!?」

大晦日、神浜港の客船上で行われる年越しイベントに参加することになった御子神家。イベントのゲストは人気俳優の船古津ビイチロウだ、先に港に向かった三姉妹は行き倒れている子犬を発見し、獣医の只野フーコの元につれていく。治療を受けた子犬に話しかけたリコは突然頭の中に奇妙な光景が浮かぶ。フーコはそれを「母であるハルカと同じく、動物の心を感じ取ったのではないか」と語るが、リコ本人は半信半疑。しかし、この身元不明の子犬の飼い主の手がかりになるのではと三姉妹はリコが感じた「三角形のようなもの」を探すために港に向かう。ケンタマオと合流した三姉妹はリコが受け取ったイメージはテトラポッドと推理。港のテトラポッドがある場所で、ナギサのキルミンにより強化された嗅覚で子犬の臭いを追うと、なんとテトラポッドの間に挟まり動けなくなった船古津ビイチロウを発見した。子犬は船古津の愛犬のラッキーで、助けてくれる人間を呼ぼうとしていたのだ。

第13話:「急げ!キルミン・レスキュー!?」

三姉妹たちはなんとか船古津を助けようとするが簡単にはいかない。冬の海の中、このまま放置していると命に関わる。大急ぎで仲間を呼びにいくためにリムはウサギに変身し高速で自動車道を駆ける。一方、意識を失った船古津の体温を維持させるために、リコはネコに変身し、港の廃屋に集まっていたネコたちに協力を求める。いまだ動物とコミュニケ-ションができないリコにネコたちははじめは無視を決め込むが、彼女の真摯な気持ちが通じたのか、それともただの偶然なのか、ネコたちは大群でで船古津の周囲をくっつきながら囲み、自らの体温で彼を寒さから守った。その後、リムによって呼ばれたレスキュー隊により船古津は救出される。そして三姉妹および[ケン>猪俣ケン]]、タマオは今回のことをきっかけに、キルミンの力を人助けに使う探偵団を結成することになった。


※ここで第1クールの終了となります。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。