※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネコ・シリーズの謎

Q1.各機体の性能は?

ネコ・グレート
「小学校の通学路に子猫を捨てておいて気をとられた小学生を
一気に捕獲作戦」に使われた獣型パワータイプの初号機。第1話に登場。
偽装の子猫形態から圧縮解凍され、体積が約1千倍に膨張し体長5m程に巨大化する。
巨体の為に鈍重な動きをカバーする、フレキシブルアーム状の尻尾と巨大な
前足の爪が武器。だがその巨体の為に殆ど戦闘は行われず(ページの都合上?)
龍美に尻尾を斬られてから手繰り寄せられ、そのまま全力一閃を受け大爆発する。

ネコ・スピード
獣人型高速戦タイプの弐号機。第2話に登場。長距離移動時に
ピンポイントジャンプ(ジャンプで目的の座標へ弾道飛行)するのが特徴。
※ヒュルルルという擬音は曲射砲の砲弾が落ちる音という暫定理由
両手の小型クローを武器に、高機動性に追いつけない龍美を翻弄し気絶させた。
この帰還後、ともみに自己判断で出撃した為に叱責される。
(最後には爆発し倒される命令を不服と感じたのか、嫌々行動している風に
見られる。現にしぶしぶ龍美を返しに行く途中、ことらに遭った時には
名乗りも聞かず逃げに徹している)ことらの白虎雷神撃で切り裂かれ大爆発する。

ネコ・ウイング
獣人型空中戦タイプの参号機。第4、5話に登場。
前回と同型の素体をベースに追加武装され、右腕に強化クロー/左腕に
4連ガトリング砲/たすき掛けに予備弾倉?/背中に飛行ブースターを装備し、
(前回と違う脚部もそれに合わせた何らかの調整がされている?)
この時点での対空戦術がほぼ皆無だったぼうえいぐみを苦戦させる。
(それはAIレベルの設定が高すぎた上にコントロール不能に陥った為)
すざくが青龍の剣を使った飛行横一文字で胴体から切断され大爆発する。

ネコ・パーフェクト
14話までに集めた対ぼうえいぐみデータを基に作られた
現時点で最高傑作の四号機。この機体のみ猫耳メイド型(人型)になった。
通称ねこぱふぇ。第16、17、23話に登場。学習型人工知能により
強い相手と戦う度に強くなれる。ちなみに完成した日は2009年6月10日。
身長142cm 体重105kg
通常時
総合 攻撃力 防御力 スピード 術力 体力
560 170(A) 210(A) 180(A) 0(C) unknown(?)
オーバーロード時
総合 攻撃力 防御力 スピード 術力 体力
840 255(S) 315(B) 270(S) 0(C) unknwon(?)
共通スペック
搭載武装 レーザー光線発振器(両目、両掌)
ロケットパンチ(下腕)
近接戦用換装腕ブレードアーム 攻撃+50 防御-30 スピード-20
遠距離戦用換装腕ガトリングアーム 攻撃+60 防御-50 スピード-40
必殺技 オーバーロード
連続稼働時間 90分(オーバーロード時3分)

アオイに善戦したが右腕を切断され、クロミの"閃"に倒れる。
倒れた3人(武美、紅羽、深白)を抱え、病院へ全力疾走後に機能停止。
(オーバーロード中に受けたダメージによる冷却装置の不調による)
1ヶ月半後の23話に修理・改造が終わって復活。
第2部にはすざくちゃんと絡む話があるらしい?

A.4体ともライダーたん登場のアンドロイドのように喋らないのは、

破壊を前提として開発されたので情が移るのを避ける為らしい。

なお機体内部にはともみ撮影時の効果用に火薬(やられた時の派手な爆発用)が仕込んである。


Q2.何時作られたの?

既に2006年9月13日の時点でスピード、ウイングタイプに使われた
頭部の試作が始まっている。

A.詳しくはその日の日記絵2


2009年08月02日 21時27分00秒