※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北守 武美の謎

Q1.プロフィールを教えて

2000年12月12日生まれ。
星座:いて座 身長123cm 体重21kg。
はるか昔に麒麟の巫女が封印された地脈を守り、
黄龍一族の復活を監視する北守一族の末裔。
(北守一族は元々黄龍一族の守護者だったが暴挙を機に離反した)
父親が事故死した日=鈴が最誕した日の次の週に誕生した。
父と同じくカレーに入っているニンジンが嫌いな事が弱点だが、
この事を知っているのはぼうえいぐみではすざくのみ。
第15話で不意を突かれて背中から腹部まで貫通する重症を負って
入院するが、第21話に立つのもやっとの体で傷を呪符で抑え込んで
最終決戦に途中参加する。その後は再入院して09年8月上旬に退院したが、
9ヶ月後の10年3月下旬の今でも腹部にその痛々しい傷跡を残している。

A.9日前に再誕した鈴と同じ9歳という事になる。

※09/10/19放送のSMAP×SMAPによると、ビートたけし(北野武)氏も
カレーに入っているニンジンは嫌いだそうです。
日記10/03/26更新分において風呂上がりのイラストが公開された。

Q2.強化服着装時のスペックは?

武美ちゃんのベーススーツは他3人の複合?タイプ。
「変身」のワードで声紋照合し起動させた
玄武の宝珠をバックルにセットする事で瞬時に装着される。
Ver.1(女子小学生専用強化服)
総合 攻撃力 防御力 スピード 術力 体力
1440 180(B) 550(S++) 160(A) 400(S+) 170(A)
使用武装 ダブルシールド 必殺技 神武降神(しんぶこうじん)
他に、相手のカウンターを狙う事に主眼を置いた北守流格闘術と、梵字の書かれた物
(呪符等)に精神力を込める事で物理的な力を発現させる北守流陰陽波動術。
なおダブルシールドは浮遊し簡単な攻撃動作、広範囲防御(盾の外側分離パーツ間に
エネルギーフィールドを発生させる)の機能だけで、あそこまで自在に動かし、
乗ったり、負荷が加えられるのは盾の梵字を介して波動術で操っている為。
(本来は攻撃・鞭と防御・盾で戦う事が想定されていたらしい)

北守流格闘術

相手の攻撃をかわした直後から連続攻撃を加えるのが特徴。
8~10話
ことらの右腕を左手で掴み右掌底→回転し左後ろ蹴り→右シールド飛ばし。
チャージショットを"壁"で防御→"転"で撥ね返した弾をことらに当てシールドを奪い返し→
シールドに乗りすざくに突撃→そのまま掴み壁に衝突させる。
14~16話
ミシロの斧を左拳で払い右で蹴る→弾で牽制→後方に回って蹴り。

北守流陰陽波動術

壁(ヘキ) エネルギー系攻撃を防ぐバリア(9話)物理攻撃にも有効(神武降神時・14話)
転(テン) 壁で受け止めたエネルギー系攻撃を反転させて攻撃(9話)
刃(ジン) 光の剣を形作る(9話)
界(カイ) シールドの一部が分離し結界を張る(12話)
弾(ダン) 遠距離の敵に光の弾を撃ち出す(12話)
手刀から刃 手から直接気力の刃を出し切り裂く(15話)
帯状の光 光の帯で縛り引き寄せる等(15話)
奥義 神武降陣(しんぶこうじん)
自分自身に梵字を書く事で、身体を媒介として呪文詠唱無しで術を発動する。黄龍や麒麟と異なり玄武は気力循環を行うと身体へ負担をかける為、短時間しか発動出来ない。なお、この状態になると瞳が変わる。
退魔の秘拳 破邪玄冥掌(はじゃげんめいしょう)
玄武の力を借りて対象者の丹田(気力の集まる場所)に掌底突き(掌打?)を当てる事で、対象の体内に気力を送り込んで邪気を強制的に祓う技

A.攻防一体型で対呪術戦闘も可能。


Q3.北守一族の宝珠と呪符に刻まれた梵字の意味は?

18話・回想シーンで登場する北守一族の祖先が胸に付けている宝珠、
術の媒介となる呪符、ダブルシールドの中央に刻まれている
梵字は密教の思想にある宇宙を構成する五大要素
「地・水・火・風・空」の「風」を表す梵字。
または地蔵菩薩の梵字でもある。

A.「カ」と読む。なお玄武の属性"水"の梵字でない理由は不明。


Q4.8月上旬の退院後から始まった美黄との手合わせの頻度は?

CD発売記念漫画で明らかになった回数100(99分0勝0敗+1)を
8月頭~12月末までの22週間(153日)で割ると、週平均で4.5回となる。

A.ほぼ1日置きに行われていた。


2010年04月11日 01時33分44秒