|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

53村 Trick or Treat? 子供のモンダイ

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

53村 Trick or Treat? 子供のモンダイ

本屋 ベネット (人狼)

「──、うん。「関係ない」わけ、無かったね。
     …ただ、勝手に俺が「関係なくさせたかった」んだ。」

■名前:Bennet=Oxford ベネット=オックスフォード
■年齢:17歳 第7年生
■設定:イアン・メアリーと幼馴染。視力が低く、銀フレームの眼鏡を所有。
しょっちゅう本を読んでいたりするが、別に運動が出来ないわけでは無いらしい。
部活やら委員には無所属。何度か推薦の話もあったようだが、何だかんだ理由をつけて断っている模様。
触れた物を『核』にして、それ本来の形に復元することが可能という、コピーにも近い能力を
先天的に持ちあわせている。イアンとはひとつ違いの筈だが、寮が同室だったりで結構苦労人。

壷が割れたと仮定して、『欠片』を核にして復元すると、
『欠片』を核にして、割れる前の壷がそのまま復元される。
しかし元の壷は割れたまま。且つ核に使った欠片が足りないピース不足。

無機物に対しての効果はほぼ半永久的。但し能力行使者(ベネット)本人が解体命発動したり、
『行使者』及び『行使者の能力』が消失した場合は効果も同様に消失。
その場合核に使われた部分がその場に残ります。

有機物に対しては「核基が生きている物」に限ってコピー可能。
但し永続的にコピーし続けるには、能力者に著しく負担が掛かるので、理論上は可能でも事実上は無理。
また、存続し続けたところでコピーが成長することがない。

人をコピーする場合は血とか、そこらへんがベース。
や、もちろん肉片でも良いんですけどそんなグロテスキーな(ry

そんなベネットの能力を利用しようとする組織の手で、幼少期には誘拐事件とかもあった。らしい。
組織の目を掻い潜って、自衛的な目的も含めて全寮制のこの学校へ入学した模様。

エプロン=料理得意なインプリンティングでもされていたのか、賄いロールが苦手なくせに
ノリノリで料理を作りまくる。ハロウィーン期間に至っては、もはや台所の住人。
補足説明


PL感想
裏話
教訓、他



全力で編集中






添付ファイル