邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ フォルスの技

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

7/10 暇だったからなのか色々触る 前のめる 防御減らす

(詠唱は使用後追加、呪文はやっぱり増加の可能性あり)

【フォルスの扱う魔術】
フォルスの扱う魔術は「軍令魔術」を基本にし、欠点の除去、
他の魔術の要素を取り込む等の、大掛かりな変更を行ったもの。
(「機械への依存の低下」「魔術処理の高速化」「大型魔術の追加」「致死回避魔術追加」「属性性質の強化」等)
両親がフォルスやその兄弟のために作った専用の魔術である。そのためこの時代には存在しない。


【軍令魔術】
軍令魔術とは 『ランダムガイア』の軍にて対異能者(魔術師、眼持ちなど)用に、
作られたため、戦闘に特化した魔術。
機械による魔術の管理、補助を行い、経験の浅いものでも魔術を安定して発動できる。
機械による管理、補助とは、「魔力の増幅」「魔術行使の安定」「魔術の対象の正確な指定」等である。
また属性の種類により発動の得手苦手が発生することもない。
使いやすさはいいが、「機械への依存」「大型の技の不足」などの欠点が上げられる。




呪文ではない能力


『故意に発動させる能力』

「シャープスペル」
呪文の範囲を圧縮し威力を上げる能力
詠唱に『鋭利さを連想させる単語』を加えることで発動。

「エンハンススペル」
呪文の威力を分散させ拡大する能力
詠唱に『広さを連想させる単語』を加えることで発動。

「カウンターバスター」
相手の攻撃に全力で魔術をぶつけて、そのまま押し返し、
攻撃を無効化し相手に反撃する能力。
相手が魔術を撃った場合、合体魔法になる可能性もある。


『自動で発動する能力』

「ダメージトランシヴ」
魔力を体の外に少しずつ出して、受けるダメージをある程度軽減する能力。
基本生身なのでこれが無いとすぐ死んでしまう。

呪文


■炎属性
  • 下級
「ブラストワーク『魔炎の仕事』」
炎のワーヤーを生成しそれを操ります。20mのものを8本まで生成可能です。

「ヴォルカニックウィング『焼き斬る翼』」
使用者の背部に、炎を圧縮し生成した翼を生します。
水をかけると消えるため、雨の日は使えないです。

「ボミングウェイ『指定点爆破』」
指定した空間を対称にして爆発させます。 爆破の威力は下級魔術にしては強いです。 

  • 中級
「カーボナイズ『確なる焼死』」
敵に対して大きなボール程度の炎の塊を射出します。
その炎で付けられた傷は魔力的に炭化し、傷ついた本人の能力では治療、再生が出来ません。

「マグマアバランチ『灼熱の雪崩』」
魔方陣を展開後、魔法陣内に大量のマグマを精製し、それを敵にめがけて叩きつけます。

「エターナルフレイム『終わりなき獄炎』」
敵の周りに小さい火の玉を生成します。
火の玉は使用者の死、術の停止、敵の全滅以外の方法で消すことが出来ず、
見ていると精神的に不安定になるような動きをしながら、敵に火の粉を撒き散らし続けます。

「ソウルクレイジーブレイズ『焼魂魔術』」
自分の生命力を燃やし、魔力へと転換する魔術。
コノ魔術を使用した後打つ魔術はすべて強化される。
しかし、使用者は魔術を打つたびにダメージを受ける。

  • 上級
「ブラストピラーストーム『炎の塔の嵐』」
地面に魔法陣を展開し、魔法陣内に炎の竜巻を発生させます。
魔法陣の外に逃れれば回避は可能ですが、発生が非常に早い為、困難です。


「エヴァポレートスフィア『守護の熱球』」
周囲に球体の、超高温の膜を生成し、敵の攻撃を蒸発させます。
炎属性の攻撃を受けた場合さらに強化されます。ある程度の水、氷属性なら、一発で破壊できますが、
水蒸気爆発が発生します。

■闇属性
  • 下級
「シャドウスロー『つむがれし闇』」
闇の魔力を輪の形に生成し、敵に向かって飛ばしダメージを与えます。
さらに当たった相手が生物ならば視界が少しくらくなります。

「エンチャントダークネス『侵食する闇』」
武器などを対象に闇属性を付加する。 ただし、その武器のほかの特殊な能力を封じます。

  • 中級
「ダークシード『久遠の闇の種子』」
自らに闇の魔力を大量に封じる。 自分が致命的な状態になったとき、
周囲にその魔力を放出し、敵にぶつけてダメージを与えます。

「キャピタルクライム『英雄殺しの凶弾』」
闇を生成し圧縮し、ライフルの弾丸上に固めて射出します。
当たれば相手にかかっているあらゆる能力上昇を無効化し、大ダメージを与えます。

「ダークネスコラプション『幻想的汚染』」
敵の体内に闇の魔力を生成し、ダメージを与えます。
根性や魔力防御など防御手段は多かったりします。

「メイズコレルクラル『帰還爆撃』」
闇属性の半球状の爆発を指定した対象を起点に起こします。
この魔術によりダメージを与えた対象に比例して使用者もダメージを受ける。

  • 上級
「デモニックカタストロフ『悪魔の狂宴』」
大型の闇の竜巻を生成する。巻き込んだものはすべて、劣化していき
最後には砂となり消える。周りのものを中へと引き込むようにふく風で、
竜巻のサイズは半径15M。ゆっくりと敵に向かっていきます。

「メガイラズエクスエンダー『復習の閉幕』」
現時点でのフォルスの切り札、詳細はまだ公開出来ません。ざんねんです。



■光属性
  • 下級
「シャイニングフォース『落ちる光』」
爆発性の光の弾を十数個上空に生成して、そのまま重力で降下させせます。


「フラッシュバインド『陽光の拘束』」
敵周囲に6本の光の槍を生成、同時に敵をめがけて突き刺します。

「クレセントエッジ『三日月の刃』」
光の刃を超至近に生成し、敵を切り裂きます。

  • 中級
「サンダーボルト『鳴り響く雷鳴』」
紫色の高電圧の電流を射出する。敵に当たれば痺れる、機械ならば1時的な機能停止も望めます。
またあまりにも強い電流なので周囲の酸素を分解してしまいます。


「ライトニングジャマー『敵性電磁喪失』」
周囲に存在する電気、磁力、ついでに愛の力も巻き込んで一気に消滅させます。
何度も連射は出来ないため緊急回避用です。
愛の力を消していったい何を回避できるんでしょうか。

  • 上級
「フォードライトテンペスト『純魔術光射出』」
この魔術は、使用者が戦闘用箒を触れている時のみ使用可能です。
魔力を光エネルギーに直接変換、戦闘用箒の先端部より放出を行います。
対要塞兵器クラスの火力を持ちますが、チャージが非常に長いため実用性に欠けます。
ただし、戦闘用箒側の改良で、チャージの短縮が可能です。

「アクセラレートライトアルバニズ『命光極速』」
この魔術は、使用者の生命力を代償に、速度を与えます。
使用中は使用者の体が光り、あらゆる行動の速度が上がります。
ただし使用中はどんどん生命力を消費します。

■無属性
  • 下級
「マジックミサイル『貫く魔力』」
魔力を丸く固めて、敵に向けて発射します。

「ディフェンシブカーゴ『絶対の保管庫』」
無生物だけが行き来できる異空間の倉庫への門を開きます。

  • 中級
「スターダストバレット『降り注ぐ魔弾』」
大量のマジックミサイルを上空に生成し、敵に向かって射出すします。

「ステップポータル『床上の転移門』」
床に魔力でマーキングをしておく、マーキングした点を瞬間移動で行き来できます。
ただしマーキングには5分の時間がかかり、マーキングとマーキングの距離は
30km以上離れられません。

  • 上級
「エクシキューター『舞い踊る処刑剣』」
周囲の空間を魔法陣で閉鎖し、魔法陣内に大量の魔法の剣を生成します。
生成した剣は敵を追尾し続ける。 使用中は魔力を消費し続けるため乱用は出来ません。


その他


■幻影獣現化術
自分の思ったものを魔術的に形成する技術の応用、
空想上の生物を生成し意のままに動かす能力である。
これの基礎を作ったのは、フォルスの両親で、「幻想魔術」の変質させたものと言っている。
「幻想魔術」との違いは、現化中でも行動が行える点である。
具現化されるのは使用者のイメージの為、他人の抱くイメージを違っていると、
とんでもない物が出てくる。獣には見えないものも居る。

「エセイレ・ス『漆黒の要塞』」
幻獣の見た目は機械仕掛けの巨大な黒鳥です。
飛行し上空から絨毯爆撃と定点レーザーで敵を蹂躙します。
乗れません。
(上級魔術程度)

「トレイタ・ルク『魂無き刃の月』」
幻獣の見た目は白色の騎士鎧です。
手に持つ魔法剣で敵を切ります。
魔法剣はエネルギー体である為、防具による防御を無視します。
技量は一般の剣士よりは上ですが、そこまで高くありません。
(中級魔術程度)

「ファン・ドレイズ『鏡面の竜』」
幻獣の見た目は淡い水色のかかった小型の銀色の竜です。
音波、雷鳴の2つのブレスを持ち、飛翔能力を持っています。
飛ぶ速度はかなり速く、翼が剣のようになって居るため、敵を切ることも出来ます。


「カルベル・クト『生命の回帰』」
この呪文は予約呪文です。
使用者が死んだ場合効果が現れます。
使用者は直ちに瀕死状態で蘇生され、周囲の敵に灼熱の風が吹きます。
このとき肉体の部位破壊は即座に治療されます。
1度効果が発動された場合、2日間無効となります。
見た目は炎の塊です。 
(上級魔術程度)