邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 魔法科学世界『ヤヴィン』

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法科学世界『ヤヴィン』

概要

科学技術と自然信仰を融和させた世界。
魔法科学 という独自の技術により発展、進化してきた。
科学信奉により自然信仰を駆逐しようとする ローディス帝国 と、既存の魔法科学を擁護する 同盟国 による対立の歴史を持つ。

種族

  • ローディア人
  • スークレ人
  • 星瞳族(ティアイズ)
  • 長耳族(ラビティア)
  • ネ族
etc...

地形

基本的な大陸は、北西部のローディア大陸と南西部のアラクル大陸の二つである。
両方の大陸は地峡を通して陸続きになっているが、地峡の中心には大きな山脈が両者を隔てるように連なっている。
ローディア大陸に比して、アラクル大陸の方が資源に恵まれている。
ローディア大陸には主にローディア人が、対して、アラクル大陸にはスークレ人、星瞳族、長耳族などが混住している。

文化

魔法と科学を融和させた 魔法科学 が発達しており、あらゆる技術の根幹になっている。
魔法科学の魔術的要素を排除した純粋科学を推し進めようとするのが ローディア帝国 であり、既存の魔法科学を擁護するのがアラクル大陸に混住する種族による同盟国である。
ローディア帝国 は無宗教であり、一方、アラクル大陸には種種多様な民族宗教が存在する。

歴史

数百年前、 『幻想大戦』 (幻想界煙草好きの森の戦い」を参照)と称し、豊かな資源を求めて幻想界へと大規模な侵攻を仕掛けたことがあるが、長い戦乱の末に敗北した。この敗北は、既存の魔法科学を捨て、より強力な力を求めて純粋科学を信奉する ローディス帝国 誕生の発端となる。
また、この星瞳族や長耳族などの獣人たちは、 『幻想大戦』 で捕虜として幻想界より連れ去られた幻獣、獣人たちの子孫であると考えられている。
添付ファイル