邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ メモリーツリー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ALAEL」メンバーや孤児が暮らす、そこそこ大きな施設。

白鳥千鶴が行方不明になる3年前に設立した。

外見は「巨大な木」であり、内側を刳り貫いてそこに住居スペース等を建てている。


木の周りは崖になっており、常人には近づくことも入ることも不可能。
ここに住んでいる孤児も例外ではない が、ここでの生活は不自由しないため、普通は出たいとは思わないらしい。


住人数は50人ほど(ほとんどが孤児)

3F~  住居生活スペース(ALAELメンバーの部屋、孤児用シェアルーム、大食堂)
2F   大図書館(2Fの主) テラス 遊戯室(孤児用)        
1F   入り口 エントランスホール 大浴場 訓練施設(1Fの主) 
B1~  不明                        
 ※エレベーター完備 B1以降はIDカードの読み込み、暗号の入力をしないと停まらない


地下に大きな空間があるらしいが、何のための場所か 何があるのかは「ALAEL」のメンバーにしか分からない・・・