邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 四つの顔と八百万の神を持つ世界『桜花謳歌』

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出身者





概要


地球で言うところの東洋に似た文化が発達した世界。
からくりや神道、風水など科学と魔術がバランス良く発達している。
世界中に大量の国に存在しているため戦が多く、武具や医療の技術は高い。

大陸は一つで、島は小さなものが無数にあるだけである。他の惑星への進出はしていない。
程度の差はあれどの地域でも四季があり、赤道から南北へと桜前線が進むこともある。
主食は米。沿岸部の国以外では畜産が盛んで、馬や猪などの家畜を育てている。

宗教は特に無し。
国が細かく分かれているため信仰が伝わりにくく、小さな宗教がぽつぽつと存在するだけである。
政治形態、経済状況は各国により異なる。


この世界は少々変わっており、桜の花が咲くことによって異世界へのゲートが開く。
様々な異世界からこのゲートを通ってくる訪問者は非常に個性的で、古代から桜花謳歌の人々と交流を繰り返してきた。
大多数はそのままゲートを通って帰っていくのだが、中にはここの世界に住み着いてしまう人たちもいる。
180余りもの国があるのもその影響であろう。