邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 神秘が色濃く集まる世界『ルーガルタ』

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出身者





概要


魔法の源となる魔力が、他の世界に比べて非常に多い世界。
そのため魔法・魔術の研究が盛んであり、その技術は頭一つ飛びぬけている。
しかし科学的な面は遅れており、地球で言うところの18世紀辺りの知識しかない。

『ルーガルタ』の地はおおまかに分けると三つの大陸と五つの島で構成されており、他の惑星への進出はしていない。
気候は比較的温暖であり、亜寒帯・寒帯は少ない。また、四季がある地域が無く、どこの地も雨季と乾季の二つの季節を持つ。
そのためか背の高い樹木は少なく、森となっている場所の内部にはほとんどの場合、大きな池や湖が存在している。
一部を除いて農業には適さない土地のため、肉食が主である。

政治形態は魔導議会という名の議員制度を取っており、この制度が発足した年を議会暦0001年としている。
宗教は最も大きな勢力を持つルグスス教の他に、ムールーム教とロニ教が多くの信者を有する。
経済は魔法魔術に関連する産業が多い。
貨幣は金属的な価値ではなく、魔術的な紋様の焼き込みによって価値を分類している。