邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ MEPHISTO

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:零側 紫苑 
眼:MEPHISTO
(自分の意識を複製し、移し変える能力。零側 詩乃という同じ人格を複数量産し、他人の意識に寄生させることが出来る。
精神の寄生はあくまで他人の感覚を共有できるといった程度のスパイ向きの能力であるが、効果の強弱さえ問わなければ大多数の人間に無節操に意識を偲ばせることができ、野球大会の際にはオーロラスクリーンのフラッシュを使って大勢の人間の意識下に入り込んだ。その後、人の意識に姿を現しては相手を刺激し、反応を研究していた。
一瞬の発動では相手に幻影を見せる程度が限界だが、ある程度時間をかけて効果を強めれば、完全に相手の意識を乗っ取ることすら可能にする。その際、意識を乗っ取られた人間はその証として不気味な「仮面」を付けている。これにより自分の"本体"を複数作り出し、都合の悪くなった肉体はその都度捨ててきた。
現在の彼女の本体意識を宿しているのはリヴァル・ローズグレイである。)

種族:人間
性別:女
享年:26
一人称:ボク
二人称:キミ
三人称:カレ
口調:人の神経を逆撫でするような口調
口癖:ざぁんねんでしたぁー
容姿1:銀のウェーブロングにインテリ眼鏡、白めの服装を好む
容姿2:164cm、40kg
装備:実験機材
職業:「junction」第三研究開発部総合技術顧問
設定:

第一部以前の紫苑


J3発足当時の初期メンバーの一人とされる女性。
黎明期のJ3においてはその研究開発技術の土台を作り上げた、J3の急速なバイオテクノロジー発展の立役者でもある。

元をたどれば武家の血筋を引き継ぐ名家、零側家の次女として誕生。
幼少のころからその類稀なる頭脳を惜しみなく発揮し、8歳にして帝国大学入試程度の問題を解き世間に「神童」と言わしめた。

しかし、何故か帝国大学4年生課程を卒業後、実家のある地元の小さな製薬会社で働き始める。
一説に寄れば彼女は地元に本部を持つカルト宗教団体に入信していたらしく、その会合に出るために都会の大手企業の誘いを断った
と言われているが真相は怪しいものである。

というのも、その後数年して当時の最大手製薬会社「junction」の引き抜きにあっさり応じ、東京へ転居しているためである。
しかも「junction」の中では最も忌み嫌われていたとされる「第三開発研究部」へ進んで配属されたというのだから不可解極まりない。


その後数年の空白を経て、トップの汚職が発覚した「junction」は畳み掛けるような経営不振によって不自然なまでにあっさりと倒産。

彼女率いる第三開発部メンバーは、暴力団組織「雲水寺」の後ろ盾のもと、その恩恵を最大限に発揮して独立。
同じく製薬を生業とする「J3」なる企業を発足する。



その後はしばらくJ3においてバイオテクノロジーの研究を進める。
現在のマクスウェルに至るまでのあらゆる技術の数々の土台は、この時代に彼女によって固められたと言って良い。


数年後、『大戦』が勃発。

彼女の居た中央技術管理局が「空間ごと消滅」した事故を最後に消息は途絶え、おそらく死亡したものと思われていた。


第二部以降の紫苑


かつて開発したMEPHISTOの効果を使い、北神 詩乃の人格を胎児の内から乗っ取ることに成功する。
その後、リヴァル・ローズグレイや北神 乃恵流などの手駒を増やしつつ、外欧を裏で率いて着々と計画の準備を進めていた。

隔離された七束島を一種の実験場と見立て、その中で被験体として見立てた人物を時には助け、時には試練を与えながら成長を促し、データを取っていた。
その多くは島の中に持ち込まれた、実験体の集大成"完成体"の開発のための行動であると思われる。

「消滅」「創造」「許可」等、いくつかが造られた「究極の眼」の最後にして決定版の作品「死」を、全ての実験体の結果をフィードバックした"完成体"と見立て、その完全なる覚醒のために暗躍を続ける。

全ての準備が整いつつある今、彼女はその作品の完成を持って"J3の完了"を成そうとし、島の結界が解き放たれ、自らの作品を持って外の世界で盛大に"運用"する日を待ち続けている。