邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 海神

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:海神 静(わたつみ しずか)
眼:翔巫眼
種族:妖怪(座敷童)の血を引いた人間
性別:女
年齢:17歳

一人称:私
二人称:~さん
三人称:~の人
口調: か細い声で、眠そうに喋る
口癖: なし


容姿1:七束学園高等部の制服を着た、見た目大人しそうな女生徒
    髪は黒く、ややシャギー入ったロングヘアー
    基本的に目は半開き、その口調も相まって常に眠たそうな印象を与えるが
    特に眠たい訳でも、低血圧という訳でもない
容姿2:166cm 50kg 82/59/85 Cカップ

装備:巫術部から支給されている霊符

   『海の羽衣』
    水で出来た羽衣
特性:同属性である「水」の攻撃は吸収し、自らの生命力とすることが出来る
   そして雷と炎に対する絶対的な防御を有する反面、冷気属性にはやや弱い

特性2:水を操る能力を有するため、水泳の際にも効力を発揮する
    装備時には、常に濡れることとなる

使用技:巫術部で使用しているほぼ全ての巫術
    『海の羽衣』を使い、外敵からの攻撃的干渉を緩和する

職業:七束学園高等部二年、普通科

戦術: 巫術を使い、中衛部隊~後衛部隊までの援護をする
タイプ:大人しく、強引に行けば割と流されやすい子
    微妙に天然属性を持ち、間違った知識をそのまま覚えていることが多い

設定: 巫術部の一番隊隊長
    その回復能力は七束小春に次ぎ、巫術部でナンバー2を誇る
    本来の性格が大人しいため戦闘の最前線に行くことは少ないが
    中衛~後衛の部隊のサポートに関してはかなり優秀
    七束小春からも絶大な信頼を得ている、巫術部に無くてはならない存在の一人である




海神 静(さよ 画)