邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ アキラのTIPS

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 アタシがまだ、小学校に上がる以前の事。
 祖父に、大好きな港に連れていってもらったのを、薄ぼんやりと覚えている。

 ……

 …………

 ………………

「おじいちゃん、おじいちゃん、海! 白いお船!」

「晶は本当に海が好きだね」

「うん! だってね! 大ーきいし、青くってすごく綺麗だもん」

 赤茶色の髪をした初老の男が運転する、角ばったスポーツカー。運転席で笑う彼の膝の上ではしゃぐ、赤い髪と瞳を持つ少女。
 窓を開けて、海風を気持ち良さそうに浴びているその少女は、青い色の空と海、そして、赤い色の祖父の車がお気に入りだった。

「ねー、おじいちゃん。アタシも運転してみたいっ」

「うーん……じゃあ、ちょっとだけだぞ」

 祖父はそういうと、少女が、足をアクセルに届かせても前が見える様に、体を支えてやり、ハンドルを握らせる。

「ありがとうっ! おじいちゃん! ……これ踏むと動くの?」

 興奮と緊張で、頬まで若干赤く染めて、祖父に尋ねる。

「ああ、そうだよ。ゆっくりやってごらん」

「ぶっぶぅーん!」

 アクセルに全体重を一気にかけられたスポーツカーは、蛇行しながら海の方へ突っ走る。甲高い音が耳を衝いたかと思うと、次の瞬間、車は、海への落下寸前で停車していた。咄嗟に、祖父がブレーキを踏み込んだのであった。
 少女は、自分が車を使い、一瞬でこれだけのことをやらかした現実に、呆然と目を丸くしているのみ。
 祖父は、孫娘の無茶を諫めるでもなく、慌てた様子もなく、一言だけこう云った。

「まあまあだな」