邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ リヴァル・ローズグレイ(白光眼)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:リヴァル・ローズグレイ
眼:白光眼・彩 
【白光眼の能力】
潜在している魔力を発揮する補助をする眼。
その効果の程は感情の起伏によって大きく左右される。
術者が鍛錬によって魔力の総量を鍛えれば鍛えるほど、この眼の引き出せる
魔力の量は多くなっていくが、同時に術者が魔力の扱い方に長けていくほどに使用価値は薄れていく。

【第二段階:白光眼・彩】
白光眼の「術者の実力と使用価値の反比例」のデメリットがある程度明確に発現する段階になった事で、「ある方法」を用いて眼を継の段階へ進化させた姿。
練成した魔術を「絵の具」に付加して使用することが出来る。
媒介として筆やスプレー缶などを具現化し、絵の具を吹き付けた対象から自由自在に魔術を発現させることが出来る。
「絵の具」の生成にも通常の魔術同様、魔力を消費するので、魔術が強力に成る程一度に使用できる絵の具の量も減っていく。

【第三段階・月光眼】
白光眼を失い発現した、リヴァル本来の眼。
発動時に両目が眩い青色に輝くのが特徴である。
その能力は「脳制御の触れ幅のリミッター解除」であり、リヴァル自身の脳の記憶、演算能力を1%から100%まで自在に調節することが出来る。
能力の制御がデリケートなため、普段は以前よりも記憶力、判断力が衰えた状態に見えることもあるが、いざ覚醒状態になれば状況の完全記憶から分子レベルの状態把握、スーパーコンピュータクラスの演算や超高速での戦闘理論構築、果ては状況推理からのほぼ完全な未来予知までを可能にする。
が、当然フルパワーで発動することは脳に対して大きな負担を強いることとなり、記憶の欠損や一定期間の昏睡状態など、デメリットも目立たなくない。

イメージCV:石○彰(エ○ァのカ○ルとか、ぼく○ののコエ○シ)→ゴ○ゥーザ
種族:人間
性別:男
年齢:17
一人称:俺
二人称:君
三人称:貴方
口調:しっかりとした自身に満ちた口調
口癖:チェックメイトだ
容姿1:銀髪、白色の魔術師用ローブ、義足
容姿2:174cm、58kg
装備:杖、スプレー

『可翔型戦略鐵鋼義足・グレイブニール』
リヴァルの義足を魔改造したマナウェポンの一種。
両膝、及び両爪先部に搭載された魔力循環出力装置「リュミエール・ドライブ」からコヒーレント化した魔粒子を放出し、モノフェーズ(単位相指向型)魔力波シールドを展開する武器である。
魔粒子濃度を調節して放出することで、重力制御による恒久的なホバリングや、地上との摩擦力を極端に軽減しての超高速での滑走等の使い方ができる。
従来のエンジン&ホイール型の義足よりも遥かに機敏で立体的な戦術が可能となった。
他にも隠された機能があるらしいが…

職業:学生
戦術:魔術と格闘術を織り交ぜた超攻撃型魔法戦闘
タイプ:人外
設定:
ティルとイリスの第二子。
元々はマクスウェルの公認ハンターだったが今は策略により組織を追われ、指名手配の身となっている。
表向きは温厚で知的な青年だが、性格は割りと狡猾、残忍、しかし反面妙にお人よしで有ったり、熱血漢だったりロマンチストな一面もあるので結局よく分からない。
ウブな性格だが、一定上追い詰められるとサドっ気が露呈する。
以前戦闘により失った両足は、現在は高性能の義足による歩行能力に加え、機器の補助による高い機動性も得ている。
現在は指名手配されているため、外出時は女装。(こんなん

元々の魔術の才は並よりやや下程度であり、強敵と戦う場合にはシエラザード家の秘術を用い、能力を底上げして戦う。

現在、護衛獣の人狼である星ネエ、エルフの皇女のフィエル、フクロウのキメィらのシュータ、子犬の獣人医師の新道、魔界最強のリスであるキップキップと同居中


<現在使用できる能力>

『呪文破棄(スピードスペル)』
(瞬間的に詠唱を脳裏で暗唱することで、呪文の一部、もしくは全てを省略しても本来威力の八割を得ることのできる技術。
下級の魔術ならば容易いが、上級の魔術になるにつれて難易度も上がる。因みに呪文破棄失敗時は本来の半分の威力しか発揮できない。)

『連続魔術(マジックマシンガン)』
(最後に使った魔術を詠唱無しで繰り返す技術。呪文破棄の応用版。)

『拡散魔法(スプレッドトリック)』
(放った物理攻撃魔法を内部から爆発させることで拡散させ、威力と引き換えに広範囲射程の技へと変える技術。)

『魔法保留(マジック・ストック)』
(一度唱えた呪文をその場で発動させず、一度練成段階で停滞させる技術。高度なフェイントや判断の難しい局面での誤射防止などに使われる。)

『魔法開放(マジック・スターター)』
(魔法保留で停滞させた魔法を任意のタイミングで開放させる技術。また、これに爆発魔術を組み合わせることで一度弱い呪文を停滞させ、相手を油断させてから強化した呪文で大ダメージを与えるなどと言う使い方もされる。)

『亜光速演算(ライトニングカリキュレイト)』
(月光眼の能力により、常人の数万倍の速さで理論構築を行い、その状況で最も適した魔術を導き出す。または一から魔術を設計し、完全な新魔術を完成させる。)


主観での人間関係:
親友→幾重 麗夢、兵堂 三葉
友人→ジュルノ・ジュバァーナ、七束 澪、リオン・ローゼンクロイツ、獅剣 雅
敵視→リーゼロッテ、闇薔薇、憂鬱、外欧 春人
家族→シュータ、新道 蝋霧、キップキップ
負い目→泉水 りり
兄弟→シラクモ・ローズグレイ、ソラ・ローズグレイ
恋人→星ネエ、フィエル・マ・ゼラフィス