邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 兵堂 三葉(雀孔眼)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前:兵堂 三葉
眼:雀孔眼
触れた対象に「光」と「影」のワッペンを取り付ける能力。
「光」のワッペンがついた対象がダメージを受けると、「影」のワッペンがついた対象も同じ傷を負う。
「影」のワッペンがついた対象がダメージを受けると、「光」のワッペンがついた対象が反比例的に体力、負傷を回復する。
「光」のワッペンはひとつだけしか発生させることが出来ないが、「影」のワッペンは無制限に発生可能。
これらのワッペンはいずれも生きている対象にしか作用しない。

種族:人間
性別:女
イメージCV:涼風○世(るろ○に剣○とか)
年齢:17
一人称:某
二人称:御主
三人称:彼奴
口調:侍系
口癖:ふん
容姿1:前髪の揃った黒の長髪、黒い背広、白い手袋こういうかんじ?
容姿2:170cm、48kg
装備:大業物「紫電」
使用技:兵堂飛刃流、雲水寺無双流
職業:ハンター
戦術:敵の攻撃を見切り、一刀の元に斬り伏せる
タイプ:真面目実直、苦労人
設定:
麗夢、リヴァルと同じ中学に居た生徒の一人。
麗夢の引き起こした事件の後、マクスウェル機関にその異能を買われ、引き取られた。
勇佐ェ門の実の孫であり、祖父をこの世の何より尊敬している。
祖父譲りの剣の腕は確かだが、戦いの世界に身をおいて日が浅いせいか、まだ未熟さが伺える。
責任感を人一倍感じてしまうタチであり、没落した自分の一族を自分の代で立て直そうと孤軍奮闘する日々である
ちなみに、祖父である勇左ェ門のことを盲目的に尊敬している。
尚、最近笹斬と恋仲に。
乙女化が急速に進行して中の人が楽しい。


【兵堂飛刃流】
特別な呼吸法によって「剣気」を身体に纏い、それを刃に纏ったり、任意の形状に形成しなおして戦う流派。
一子相伝と言われているが、勇左ェ門がこども剣道倶楽部でバイトしていたときに節操無く近所の子供達に極意をばら撒いている。
その年の子供剣道大会では深刻な負傷者が続出したため、業界では後ろ向きな意味で「闇の流派」と恐れられている。

  • 零の太刀「神風」

  • 壱の太刀「纏風」
剣気を得物に纏わせ、硬度を増して斬り付ける基礎中の基礎の技。
剣気をその身に纏う事が出来れば自然と得物にも伝染するため、剣気を纏えた時点で会得できていると同義である。

  • 弐の太刀「雪風」
剣気を得物に纏わせ、振るうことにより刃状の形状にして打ち出す技。
飛刃流の名の由来でもあり、これが出来ないことには話にならない。
ビリーズブートキャンプを商品1セット分こなすのと同じ労力で体得できる。

  • 参の太刀「三葉」
剣気を任意のに噴出しながら斬り付けることで、自由自在に斬撃の機動を変え、三つ葉を描くように連続攻撃を繰り出す。
太刀筋は鋭く剣速も早く、接近戦では頻繁に用いられる。
三葉は自分の名を冠するこの技にある種の愛着があるようだ。

  • 肆の太刀「龍雲旋」
刀を手のひらの中で回転させ、噴出する剣気の流れに乗せ、高速でドリルのように回転させながら突撃する技。
近距離で使用できる技の中ではかなりの威力を誇り、真っ向から受けて立つのは自殺行為と言える。

  • 伍の太刀「鎌鼬」
雪風の正統発展技。
鞘の中で剣気を増幅させ、居合いの動作から通常の倍の速さで雪風を放つ。
遠距離技のようであるが、近距離から刀身による攻撃と同時に当てることによってその威力の真価を発揮する。

  • 陸の太刀「烈空刃」
自分の周りに無数の小型の雪風を発生させ、バリアのように纏って特攻する技。
敵からの攻撃の威力を相殺し、尚且つ攻撃も同時に行う攻防一体の技。

  • 漆の太刀「紅吹雪」
烈空刃の要領で発生させた無数の雪風を全て前方に集中させ、広範囲の対象を一度に攻撃する技。
熟練の者になれば、それぞれの雪風に別々の対象を狙わせるというような芸当すら可能になる。

  • 捌の太刀「桜花」
相手の身体に刃を突き刺し、内部から雪風を発生させて爆散させる技。
説明だけでも分かるように相当残虐な技なので、三葉がこの技を使おうとすることはほとんど無い。

  • 玖の太刀「轟龍」
無数の雪風をひとつにまとめ、巨大な竜巻の龍の姿を形成させ、その物量で一気に大量の敵を押しつぶす技。
一見紅吹雪と同質の技に思えるが、技の勢いが全く違うため、その制御は比べ物にならないほど難しい物となる。

  • 拾の太刀「星飛礫」
相手の身体に刀身を密着させ、凝縮させた剣気を零距離から一気に放出する技。
近接技の中では最強の威力を誇るが、まずお膳立てが難しいため、滅多に使われる事は無い。