邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 新道 蝋霧(撃滅眼)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:新道 蝋霧(しんどう ろうむ)
眼:撃滅眼
種族:ヒト(本当は犬人族)
性別:男の子
年齢:13
一人称:僕
二人称:君
口調:まだ幼い口調
口癖:粉砕ー 、~だわん
容姿1:黒髪の、どこにでもいそうな男の子(常に帽子をかぶっている)
容姿2:(身長149cm、体重は40kg)
装備:闘気の鎖(好きなだけ伸ばせる一本の鎖を作ることができる)
使用技:「鉄球の具現化」(相手には重く、自分には軽く感じる)



能力はこれだけで、鉄球を出して蹴って殴って叩いてぶつける
闘気の鎖と組み合わせて投げるハンマーのようにしたりする。



一番好きな形態は「鉄球ケンダマ」
職業:七束学園中学1年生
戦術:粉砕、粉砕、粉砕!
タイプ:接近戦では鉄球をぶつけ、離れればグルグルとまわしたハンマーをぶつけてくる
設定:両親が事故死してしまい、国から正確保護を受けている少年
親からの愛を知らずに育ったために物を大切にしなくなった



今は七束学園へ通い、徐々に友達を作ろうと思っているがなかなかできない
(クラスでも結構孤立してる)

リヴァルを襲ったが負けてしまい、「何か」を喋ろうとした所で仮面の男に喉を潰されてしまった(現在は完治した)
彼の次の行動は確実でなければならない


ちなみに帽子を取ると犬耳があり、ちょこんと尻尾も生えている
(尻尾はズボンで隠されている)
保健室で紬に襲われ、一生消えないトラウマができてしまった