邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ El(両儀眼)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:El(エル)
眼:両儀眼
種族:人間(スウェーデン出身)
性別:女
年齢:17歳
一人称:私
二人称:自分、君
三人称:あれ
口調:意味深な感じ
口癖:あは
容姿1:蒼い髪(少し水色に近い)、痩せ型のスレンダータイプ
容姿2:(身長155cm、体重は45kg) (B82・W50・H81)
装備:特別な武器や防具を使うことはない 携帯は常に持っている
使用技:歌や詩による暗示・催眠

言葉を媒介としているので、言霊使いのように思われる。
実際、会話するだけでも相手に催眠をかけることが可能


禁歌「トミノの地獄」
歌えば声を失い、聴けば死に至ると言われる呪いの歌
この歌を知るのも、まともに歌えるのもElだけ
職業:十二楽想団 「奏鳴曲」
戦術:暗示によってサポートしたり、催眠をかけて自滅するようにする
タイプ:前衛以外なんでも
設定:浅神がビフレストの協力のために呼び寄せた女

本来楽器や宝具の扱いを得意とする十二楽想団の中において
唯一なにも使わずにいるメンバー。

「歌」を好み、無駄な会話は好まない

眼の性質からか、極端の両儀しか持っていない
(例えば、人に対する印象は大好きか大嫌いしかない)

5感が強すぎるため、暗示で弱めている


かつて、その能力のせいで両親と弟が死んでいることが判明した
故に力の制御ができている今でも、親しい人物と話すのは躊躇う

しかし、能力の影響が少ないカプリッチオ、浅神、闇薔薇とは比較的多く喋るようだ