邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ レスター・アトキンス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:レスター・アトキンス
眼:響弦眼
種族:人間
性別:男
年齢:16歳
中の人:七束さん
一人称:僕
二人称:君。上級生には「先輩」など
癖:雲や、自然物の形を見て女体を連想すること
好きなもの:カントちゃん
嫌いなもの:デジタルミュージック(嫌いと言うよりは苦手)
容姿1:金の短髪。碧眼
    美青年と言う訳ではないが、愛嬌のある童顔に優しげな微笑を浮かべた好青年
容姿2:168cm 58kg
装備:Gibson  ES-175
   Gibson  ES-335
   Gibson  Chet Atkins Tennessean(父親の形見)
   Epiphone Emperor II
   Fender Jazzmaster

使用技:響弦魔術
    弦の響きを利用した彼オリジナルの術。
    音楽による心理的効果を増幅させる効果を持つ
    魔術とあるが、彼自身がそう呼んでいるだけで眼による能力である
戦術:音楽の効果で特定人物の能力を増減させるサポート役
   RPGで言うのなら吟遊詩人的なポジション
職業:中道学園高等部一年
所属組織:中道学園
出身世界:人間界
タイプ:真面目でぽっちゃりした子
設定:ジャズギタリストとして親に連れられ世界中のあちこちを旅していた子
   日本に来た理由は、この国にジャズの文化がイマイチ根付いていないので、と言う理由もある
   邪気街を基点にして、学園に通いつつ
   暇さえあれば父親と共にジャズバー等で演奏をし、日本にジャズの文化を浸透させようとしていた
   が、2年前に父親が他界
   最初は帰国を考えたものの、父と共に挑んだ「日本へジャズの文化を浸透させる」という目標もあり
   それを達成するまでは帰国するつもりはないらしい
   年齢的なこともあり、暫くは学園に通い、勉学に励みつつギターの練習もしている
   幸いにして金銭的には余裕もあったため、特に困りもしていないようだ

   むっつり
   それはもうむっつり
   好みの子を見たらつい太腿に挟まれに行きたいと思うくらいににむっつり。手とか足とか顔とか
   好きな子に対してはついつい響弦魔術を駆使して発情させたくなってしまうと言う欲求も
   と言うか表にはあまり出さないが性欲は強し、思春期の思いまっしぐら