邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 月深 零

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イザグラが描いてくれたよ!
これならモテそうだよ!よ!

名前:月深 零(つきみ れい)
眼:なし
種族:人間
性別:男
年齢:14
一人称:僕、俺
二人称:あなた
三人称:あの人
口調:あまり丁寧では無い
口癖:「そういうのダルいから」
好きなもの:PC弄りとゲーム、野球
嫌いなもの:正義感強い奴とか、規律に厳しい事とか
容姿1:ぼさぼさ頭に眼鏡、パーカー着用。
容姿2:156cm、50kg
装備:
戦術:俺戦闘要員じゃ無いんでそう言うの勘弁して
職業:学生
所属組織:ふりー
出身世界:人間界
タイプ:兎に角綺麗な子
設定:
剣やエイト、楓火のクラスメイト。
悪友チームの一人ではあるが積極的に参加する事はなく、モブを脱したのは最近の事。
他には颯や、ある意味有名な友達の森君がいる。

なるべく厄介事に関わりたくないという現代っ子特有の無気力さを持った少年。
が、裏腹に好奇心は旺盛で、関わり合いにさえならなければ事情は知りたいと言うタイプ。
ゴシップ好きで中道学園掲示板にも頻繁に書き込みしており(プロクシを通す辺りが拘り)事情通とされている。
普段はエイトや剣のドタバタ劇を遠巻きに見守り、「あいつらほんと馬鹿だよねー」とか言っている。

反面、楓火やエイト、セブンに剣、ドロシーに至るまで彼の評価が高く、やたらと人望が厚い。
楓火にとっては仄かな憧れであり、エイトにとっては裏表のない友人。
セブンにとっては使える駒、剣にとっては信頼のおけるパートナーである。

部活は普通に野球部でポジションはピッチャー、剣とはバッテリーを組む。
剣の制球力が悪いのでキャッチャーに置いているが、盗塁時には中継に入って剣の代わりにランナーを刺している。
得意な変化球はブーメランのように切れるシュートだとか。

戦闘力がどうなのかというと……判断材料が少なくてよくわからない。
少なくとも能力が無く、種族は人間であると思う。
一般人なのでさっさとその場から逃げてしまい、厄介な喧嘩は剣とエイトに押し付けてる事が殆ど。
その代り、剣の素行の悪さは彼が尻拭いをしてあげている。

印象に残らないタイプなのだが顔は広く、高等部でも名前は解らないけど顔は知ってる、という人物は多い。
割と可愛がられるタイプなのか、特にクドリャフカ先輩と仲が良く、情報源は彼女だと思われる。

ところで実はミスコン選定委員会の会長は彼である。
校内の注目女子に関しての情報は豊富であり、東雲研究所との関係性が疑わしい。
また、部活の他に委員会の仕事もやっているらしいのだが、どの委員会なのか誰も知らない。


ひょんなことからロアとの戦いに巻き込まれ、竜胆 愛を守るため(大した必要もなかったが)勇気を振り絞った事により、白夜のエンジンを起動させてしまい、以後は強制的にパートナーとされた。
戦いに巻き込まれてからは「考えるより先に体が動くタイプ」と化している。
添付ファイル