邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ ウルキス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


バラさん絵、感謝!
てへぺろ☆


名前:ウルキス
眼:禁匣眼
概要は表面に独特の模様が描かれた銀色の金属の『箱』を出現させ、それを自在に操る力。

『箱』はこの世界には無い物質で出来ており電気を異常に通す性質を持つ

説明は以下の通り
  • 『箱』の一つの大きさは最大で1m×1mの立方体が限界
  • 『箱』の中身は空洞ではあるため意外と脆く、一定のダメージを与えると壊れてしまい、そうなると消滅する。
  • 『箱』はウルキスが手を向けた位置に一度輪郭だけ光として、その次の瞬間に現れる。
  • 『箱』は重力の影響を受けず、ウルキスが操作しない限りその場所で停止したままである。
  • 『箱』にもう一度手を向け、脳内で動きをイメージする事で落下、・移動・消滅などを行う事が出来る。

  • 一度に同時に動かせる『箱』の数は手を向けている方向…つまり最高でも2つのみとなる。

  • 出現時、また出現させてからも『箱』の連結が可能。連結した『箱』も1つと数える事になる。
以上の事を踏まえると、ある程度制約はあるものの、非常に使い勝手が良い能力である。

種族:蠱毒
性別:女
年齢:16
中の人:nazo
一人称:僕
二人称:君、目上にはあなた
三人称:あの人
口調:大人しい、冷静
口癖:全てここ(頭)に入っているので…
好きなもの:洋菓子
嫌いなもの:過去に嫌な思いをした物全て
容姿1:銀色の癖の強めな髪に、眼は赤色
服は校内では学ランだったり、私服でも男物ばかりである。
容姿2:165cm,不明

装備:

EPC警棒

プレデが護身用の物を改造した特殊警棒。
見た目は白く、グリップ部が大きめの特殊警棒であるがグリップ部のスイッチを押すと、一時的に警棒に電流を流す事が可能。
戦うのが苦手な人間でも容易に扱え、そのままの威力も抜群。
更に帯電させている状態で強く振ったりすれば雷撃を飛ばしたりする事が出来て、最早護身用ではなく立派な凶器と化している。

電圧も切り替え自由でウルキスは弱から中に設定してある
(弱は痺れで動きを止めるレベル。
中は30分程気絶させるレベル。
強は1時間以上気絶、運が悪ければ死なせてしまうレベル。)


MFグラブ&シューズ
プレデが制作した、特殊装備。

見た目はかなり暗い紫色のグローブと靴。
それぞれにオンオフスイッチだけが付いている。
四肢のこの装備から磁界を発生させる事が可能で一カ所に磁力を集める事で相手を無力化させたり、金属製の物体を動かす事が可能になる。

もう一つの効果としては、金属製の所なら壁なり天井なり何処にでも移動が可能になり、
蹴りなども、蹴る方向に金属製の障害物があるのなら威力を上げることが可能。ウルキスは専らこちらを使うことが多い。


戦術:効率的に攻める
職業:学生
所属組織:宇宙サークル

設定:

中道学園に通う高校1年生。
学校では常に男子の制服、私服も男物ばかりではあるが性別は女である。
何故この様な格好をしているかと言うと
過去に拉致された事から、二度そういった事には巻き込まれたくないからである。
彼女の身体も顔と声が中性的、更に胸も無いに等しいので周りの人間にはばれていない様子。


生まれつきの特殊能力として「瞬間記憶能力」があり、一度見た物は決して忘れない。
さらに頭もかなり良いためにこの能力も併せて使う事でテストで満点を取ることはもちろん
戦闘では一度見た相手の攻撃パターンを覚え、対策を瞬時に練るコンピューターじみた事も出来る。

しかしその反面この能力は「どんなに嫌な事でも忘れられない」と言う事でもあるために、
トラウマが非常多く、中にはそれを連想させる物を見ただけで動けなくなる事もある。


かなり特殊な体質であるためにプレデが興味を持ち、ウルキスと定期的に会い、話を聞いたり、脳のデータを取っている。
その時にお礼としてウルキスに対してプレデは出来上がった上に提出する兵器の正規品の最終段階試作品…
つまり動作確認様の色違い兵器をいくつも渡していて、ウルキスもそれを上手く使っている。


過去に喰神教会に拉致された事があり、
そこで様々な実験を受け、そして実験の最終段階である蠱毒にへとなってしまう。

その後蠱毒としての力を最大限に生かして何人もの人間を殺しながら逃走する。

喰神教会から逃げ出してからは、ジャキシティにある廃墟を住処として
『普通』の生活をするために中道学園に通学している。

近頃は普通の学生生活を送りたいとごく最近作られた「宇宙サークル」に入る。
そして一文無しで逃げてきた為にずっと廃墟で暮らしていたが
「黒薔薇ベーカリー」でバイトを始め、ついに学園寮での生活が出来るようになった。