邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 玉鐘 深紅

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:玉鐘 深紅
眼:なし
能:鬼火輪
紅玉(ルビー)を媒介にし、火の玉の環を作り出す術。
環には表と裏があり、裏から表に「加速線」なる空間が展開している。
裏から表へ環をくぐった物質は加速し、表から裏へくぐった物質は減速、あるいは反発し弾かれる。
最大10連の環を作り出す事が出来るが、連なる形で筒のように展開しないとならない。
筒が連なる程にその加速度は増すため、石礫を銃弾の如き威力で射出する事も容易い。
種族:妖狸
性別:男
年齢:???
一人称:僕
二人称:お前
三人称:彼、彼女
口調:底抜けに明るい
口癖:
好きなもの:太陽の当たる場所
嫌いなもの:湿気の多い場所
容姿1:燃えるような深紅のスーツに、全ての指にルビーの指輪を嵌め、サングラスをかける
容姿2:174cm、68kg
装備
発破手裏剣
戦術:鬼火輪のテリトリーを生かした中距離戦闘
職業:ヤクザ
所属組織:信楽一派>季紫組
出身世界:
タイプ:放っておけない人
設定:
稜鏡の舎弟で、信楽に組する妖狸。
戦災孤児であり、自分を拾ってくれた信楽の狸たちを家族と慕う。
またそのため、綾御津に対しても盲信的に信頼を抱く。

信楽に関した事さえなければ気さくで明るい好青年であり、良くも悪くも単純である。
面倒見がよく、見た目に反して無邪気な感じの言動も覗かせる。
また派手好きで、いつも赤いスーツを着ているため非常に目立つ。
サングラスはせめて顔を隠そうと言う努力の表れだそうだが、正直余計に眼についてしまう。

季紫でも武闘派であり、腕っ節にも有る程度自負がある。
時には自分自身を鬼火輪で撃ちだし、ディケイドまがいのキックをかます事も。

基本的にアホなので何とか狐に関する偏見を解ければ懐柔も難しくないだろう。
だが基本的にアホなのでどうして信楽が悪い奴なのか解らせるのも難しいだろう。
しかし基本的にアホなので案外勢いだけでどうにかできるかもしれない。
だとしても基本的にアホなのでまたノリだけで信楽側に戻る事も有り得る。
とはいっても基本的にアホなので理屈で悪落ちするという事も無いだろう。
ただひとつ言えるのは基本的にアホだと言う事だけである。