邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 林 鈴

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:林 鈴
眼:思慮眼
種族:合成人間
性別:女人
年齢:17
一人称:ん
二人称:む
三人称:んー
口調:喋らない
口癖:んー
容姿1:絵を参照
容姿2:145cm、45kg
装備:ランドセル型作業用アーム
職業:高校生
所属組織:ナイト・オブ・ワイバーン
出身世界:邪気街
声のイメージ:田中理恵
所属:中道学園 高等部 2年5組
設定:
名も無い科学者が生涯をかけて作った人工人間(ホムンクルス)。
人の形をしては居るが所詮凡人が作った失敗作のため、声帯と両腕に障害があり、言葉を話すこともできないし、腕には自らの腕を持ち上げる筋力すらない。
その代わりに天才的(自称)な頭脳と眼の能力を持っており、数々の発明品(犬用オムツなど)を世に売り出し、大ヒットを飛ばし一生普通に暮らせる程度の財産を得た。
現在はちょっと一風変わった不思議系女子高生(自称)として中道学園に通っている。

自分で発明したランドセル型に変形する左右三本、計六本の作業用アームを動かない腕の代わりに使う。
言葉を話すことはできないが能力が自我と他我の境界を繋ぐ(一種のテレパスのようなもの)ため、意志の疎通は可能である。
一人暮らし、自動ロックマンション住み。良く由の兄とパズルゲームで勝負している。